T&Cフィナンシャルリサーチ吉田恒のHigh&Low

2008年6月アーカイブ:

  1. 今週の通貨&為替ニュース

    続・ドル安調整と転換の境目 [2008年6月30日]
    ドルが反落しているが、果たしてもうこの間の円戻り安・ドル戻り高は終わったのか。経験則からすると、本30日の終値が106円...
  2. 今週の通貨&為替ニュース

    FOMCのジレンマとドルの不安 [2008年6月26日]
    T&Cフィナンシャルリサーチ代表取締役吉田恒 注目のFOMCに対し、金融市場では利上げ示唆がなかったとの受け止め方が多か...
  3. オージー&キウイ

    乖離率は豪ドルが「買われ過ぎ水準」であることを示唆 [2008年6月25日]
    7月の豪ドルは低下気味のボラティリティがサポートとなり、底堅い動きを継続か。一方で、1年移動線とローソク足との乖離率とい...
  4. 今週の通貨&為替ニュース

    ドル安調整と転換の境目 [2008年6月23日]
    ドルの200日移動平均線は現在108円程度だ。つまりこの間対円でドル安が展開する中で、200日線を大きく下回っていたドル...
  5. 今週の通貨&為替ニュース

    6月円安ピーク、今年はどうか? [2008年6月19日]
    T&Cフィナンシャルリサーチ 代表取締役 吉田 恒  昨年の円安は、6月22日にピークを打った。さて、今年もすでに円安は...
  6. 今週の通貨&為替ニュース

    ドル続伸の「真の主役」とは? [2008年6月16日]
    この間、円安・ドル高をリードしてきたのは、米政府関係者のドル高誘導と、そして米長期金利の上昇だった。前者によってドルが「...
  7. 今週の通貨&為替ニュース

    米通貨政策の方針転換の「真相」 [2008年6月12日]
    T&Cフィナンシャルリサーチ代表取締役吉田恒 ポールソン米財務長官が為替介入について言及したことが注目を集めている。実際...
  8. 今週の通貨&為替ニュース

    円高「中休み」終了の目安 [2008年6月 9日]
    6日発表の米雇用統計をきっかけにドル急反落となっている。ではこれにより、この間続いてきた円高「中休み」局面におけるドル高...
  9. 今週の通貨&為替ニュース

    キャリー取引は「消滅」したのか [2008年6月 5日]
    T&Cフィナンシャルリサーチ 代表取締役 吉田 恒 シカゴIMM統計などをみるかぎり、いわゆる為替のキャリー取引が急減し...
  10. 今週の通貨&為替ニュース

    膠着脱却、ドル高予想の舞台裏 [2008年6月 2日]
    私は、過去2回のこのレポートで、「脱膠着相場のカウントダウン」(5月26日)、「脱膠着相場の鍵握る米金利アノマリー」(5...

ページトップへ