オージー&キウイ じっくりレポート

NZ準備銀行のハト派スタンスに変化到来か

Posted by 吉田 恒 2009年11月25日 15:30

11月のオセアニア通貨は上昇一服。豪州に関しては市場の期待に反して、豪準備銀行(RBA)が追加利上げのペースに慎重な姿勢を示したことが要因となった。豪州は利上げ織り込み度がいったん後退したことで、再び利上げの織り込み余地ができたと見ることもできるが、一部外銀筋からは豪ドル/NZドルの下落予想を指摘する声も。にわかにNZ準備銀行(RBNZ)の利上げ期待が盛り上がる可能性があるとの見方が、こうした予想の基礎となっているようだが、さしあたっては10日の金融政策決定会合でこれまでのハト派スタンスに変化があるか注視したい。

豪ドルは底堅い推移予想も、対NZドルの動向が重しに

11月の豪ドルは3月からの上昇傾向がようやく一服。豪ドル/ドルは一時0.94ドルの大台を試す場面も見られたが、月末にかけて0.91ドル割れまで失速。豪ドル円も84円台まで上昇したが、年初来高値の85.33円を超えられず、80円台まで押し戻された。

RBAは11月3日に市場予想通り25bpの金利引き上げを決定した一方で、追加利上げを急がない方針を示唆。さらには同会合の議事録において追加利上げのペースが「未解決の問題」であると言及されたことが、市場で急速に高まっていた段階的な追加利上げ観測に水を差す結果となった。

こうした結果を受けてRBAの利上げ織り込み度もピークアウト。オーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)に見る金利織込み度は、5%手前まで利上げを織り込んでいた10月末の時点から50bp程度後退するかたちとなっている。しかし、足もとの利上げ織り込み度の低下分は、逆に言うと再び利上げを織り込める余地として捉えることもできよう。前月にも指摘したようにRBAが想定していると思われる金利の中立水準は、潜在成長率の3.00%に同行のインフレターゲット中央値である2.50%を足した5.50%程度。12月1日に予定されている金融政策決定会合の声明文は、これまで通り利上げ余地を高めるような材料とはなりづらいが、ここもと強い結果が続いている10日発表の雇用統計や、先進国では唯一リセッションを回避した同国GDP(16日発表)が強い結果を示せば、再び豪州で利上げ観測が高まることも否定できない。

さらには、11月の段階で豪ドルなどリスク資産にとって重しとなっていたヘッジファンドの動向も、12月は再びプラスに作用する可能性も。11月の決算終了に伴い、年末にかけて再びドル売りポジションを構築することになれば、他国と比較して金融引き締め方針が鮮明であり、かつ成長率も高い豪州の優位性が再び意識されることになる。

ただ、後述するように豪ドル/NZドルが豪ドルの上値を抑制するとすれば、豪ドルの上値は比較的限定的なものにとどまるか。12月の豪ドル/ドルは0.95ドル台を上値メドとしておきたい。

一部外銀筋は来年1−3月期にも利上げ転換を見込む

また、11月はNZドルも豪ドルと同様に上値が重く、対ドルでは0.75ドル、対円では67円台をピークに反落した。

こうした上値の重さのきっかけとなったのが、10月末に行われたRBNZの金融政策決定会合。「利上げを開始する緊急性はなし」との指摘が見られたことで、こちらもそれまで徐々に高まっていた利上げ思惑が後退し、NZドル売りを誘うかたちとなった。

しかし、一部外銀筋からは「RBNZは2010年1−3月期末にも利上げを実施する可能性がある」との指摘もあるようだ。同筋が警戒しているのがインフレ期待の上昇。RBNZの発表している企業の2年先のインフレ期待は前期の2.25%から2.60%へと急激に切り上がっており、RBNZのターゲット(1−3%)の上限近辺まで接近。すでに7−9月期消費者物価指数が前年比+1.7%へと急激に切り上がる中で(前期は同+1.1%)、RBNZもハト派スタンスを崩さざるを得ないような材料が整い始めたとの見方だ。

さしあたっての注目は10日に予定されているRBNZ金融政策決定会合の声明文となろう。ここでこれまでのハト派スタンスに変更が見られるようであれば、豪州と違って現状で先々の利上げを織り込んでいない分、NZドルに大きなインパクトを与える可能性も高い。なお、同筋はNZドル/ドルの買いよりも、豪ドル/NZドルの売り方向で大きな変動を予測しているようだ。(了)


ソーシャルブックマークへ投稿:
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • newsingへ投稿
  • BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
  • Choixへ追加
  • del.icio.usに追加

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NZ準備銀行のハト派スタンスに変化到来か

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12177

コメントする

ページトップへ