ビッグウェーブニュース High&Low

新着記事

  1. 為替問題を巡るG7諸国の裏事情 [2007年10月18日]
    今週末、ワシントンでG7が予定されている。実効相場で最安値更新を続けるドル、一方でユーロ圏から不満が出ているユーロ高。これらの問題へ何らかの動きはあるのだろうか。 米国はドル安懸念せず? ドル安について、米国内で懸念はあるのか?そんな質問を米政府の関係者などに投げかけると、「まっ… 
  2. 8月暴落で学ぶリスク認識の秘訣 [2007年9月14日]
    為替は8月に大混乱となり、その中で為替取引による損失をこうむった人も少なくなかったようだ。久しぶりに、為替リスクを強く印象づけられる局面だっただろう。では今回のように、損失を大きく拡大するという形にならずリスクを回避する方法はないのか。もちろん、そんな必勝法などないだろうが、あえ… 
  3. 「悪夢の98年」再来はあるのか?! [2007年8月14日]
    夏場にかけてヘッジファンド破たんなどにより信用不安が急悪化、その中でリスク回避が急拡大すると、為替も円安から円高へ転換、そしてついには記録的な円暴騰、ドル暴落に向かっていった――。これは9年前の98年夏に起こった出来事だった。さて、これまでいくつか警告が出されていたこの「98年の… 
  4. 財務省、円安対策協議の「真相」 [2007年7月19日]
    止まらない円安、怒涛の円安が、6月22日の124.14円で一服ついたきっかけは、日本の通貨当局が円安懸念に転じたとの一部報道だった。もちろん、当局は公式に何も確認していないが、どうやらその可能性は要注意なようだ。そして当局に「変心」させるきっかけになったのは、じつは「米国」だった… 
  5. 6月も円安継続か、それとも?! [2007年6月13日]
    6月に入っても、ドル円小動きの中での円安傾向が続いているが、この構図はまだ続くのか。過去の6月相場の特徴としては、5月と同じ方向に動きやすいということがあり、その意味ではドル高・円安基調が継続される可能性が高いということになるわけだが、ちょっと懐疑的な点もある。 同じ方向に動きや… 

バックナンバー

ページトップへ