為替相場予報\

為替相場予報\
ひまわり証券情報チームの3名がその日の為替相場について連載
  • 月曜日担当:八代和也
    市場・情報分析に従事。メルマガでも圧倒的な部数を誇る人気コンテンツ「日替わりFX View」を担当。その丁寧でわかり易い説明から初心者だけでなく、幅広い層からの支持を集める。特に英国の経済・金融に精通しており、その分析には定評がある。
  • 水曜日担当:中島美里
    ひまわり証券入社後、情報チームにて情報収集・分析を担当。情報チーム一番の若手としてフレッシュな視点で市場を分析。主要国だけではなくジンバブエなどのマイナー国にも興味津々。経済、金融市場に何が起きているのかをわかり易く解説。
  • 金曜日担当:大川輝
    テクニカル分析を得意とする。HP上に日経225先物レポート「225イブニングToday」を執筆し、為替・証券と幅広くテクニカル分析を行っている。それに加え世界経済、特にノルウェー、スウェーデンのような情報量の少ない国について造詣が深い。

2009年11月の為替相場予報

2009年11月30日

為替介入は誰が決定する!?

先週金曜日(27日)にドル/円は一時84.88円まで下落し、1995年以来14年ぶりの安値をつけました。市場では、急速に円高が進んだこともあり“日本の当局はいつ動く(為替介入)のか?”に関心が集まりま...

2009年11月27日

政府・日銀は為替介入(円売り)をおこなうか

一時85円を割り込むなど、約14年ぶりの低水準となったドル/円だが、景気回復に悪影響を及ぼしかねないことから、政府内にも警戒感が高まっている。 日本政府としては11月20日に、「経済は“緩やかなデフレ...

2009年11月25日

英国、身動きを取れず??BOE内には不協和音!

昨日はBOE(英中銀)の要人による発言が相次ぎました。 キング総裁は、物価下落リスクが高まれば量的緩和の更なる拡大もあり、資産買い入れも視野にあるという内容の発言をしています。しかしながら「これ以上の...

2009年11月23日

SARB(南ア準備銀行)、政策金利据え置きはまだ続く

11月17日に南アフリカの中央銀行のSARBは金融政策を発表しました。 今月、SARBの総裁はムボウェニ氏からマーカス氏に代わりましたので、今回はマーカス総裁の下で行う初めての政策会合となりました。 ...

2009年11月20日

ギリシャの財政赤字はユーロのリスクになる可能性

11月13日に発表されたギリシャ第3四半期GDP(前期比)は-0.3%を記録し、4四半期連続でマイナス成長となり、ギリシャ経済はリセッションを抜け出せずいることが確認された。 ギリシャの鉱工業生産-9...

2009年11月18日

ニコラス・ケイジに見る、米住宅市場の現状!

ニコラス・ケイジが投資に大失敗し、破産スレスレの状況であるというショッキングなニュースが出回っています。 約200万ドル(1億8000万円ほど)の債務不履行で銀行から訴えられていることに加え、6億円...

2009年11月16日

RBA(豪準備銀行)、12月も利上げを行うのか!?

11月3日にオーストラリアの中央銀行のRBA(豪準備銀行)は政策金利を0.25%引き上げ、3.50%とすることを決定しました。これでRBAは2カ月連続で政策金利の引き上げ(利上げ)を実施したことになり...

2009年11月13日

インドにも利上げの可能性。今後の注目は「インフレ」

ランガラジャン・インド首相経済顧問会議議長は「インド中銀、インフレが年末に向けて上昇していけば、景気支援策の解除は可能」との認識を示した。主要国の中では、RBA(豪準備銀)とNorgesbank(ノル...

2009年11月11日

足並みバラバラ?! 欧州中銀!

ユーロ圏の中銀総裁の足並みが揃わず、投資家に混乱を与える状況が続いています。FX取引を行っている方は、各国の中央銀行総裁の発言が為替市場に大きな影響を与えることはご存知かと思います。この発言にもいろい...

2009年11月 9日

BOE(イングランド銀行)の資産買い入れプログラム拡大は最後か!?

11月5日に英国の中央銀行のBOEは政策金利を0.50%に据え置いた一方、資産買い入れプログラムの規模を250億ポンド拡大して2000億ポンドとすることを決定しました。 同時に発表された声明では「経済...

2009年11月 6日

フィリピンのインフレ率から見る今後のインフレ見通し

フィリピンのインフレ率(10月)を見ると、1.6%と前月に比べ(0.7%)高い伸びを示していますが、テタンゴ中銀総裁は「台風などの影響であり予想の範囲内」との見解を述べています。 そのフィリピンのイン...

2009年11月 4日

予想以上のGDPに好結果のISM製造業景況指数

アメリカの第3四半期の米実質国内総生産(GDP)速報値は事前予想の+3.2%を上回る3.5%という結果でした。プラス成長は2008年第2四半期以来初めて、5四半期ぶりとなりました。この結果を受けリスク...

2009年11月 2日

各国中央銀行の金融政策発表相次ぐ

今週はRBA(豪準備銀行)・FRB(米連邦準備制度理事会)・BOE(英イングランド銀行)・ECB(欧州中央銀行)が金融政策を発表します。市場の注目は各国の中央銀行に集中しそうです。 そこで、今回は金融...

ページトップへ