為替相場予報\

為替相場予報\
ひまわり証券情報チームの3名がその日の為替相場について連載
  • 月曜日担当:八代和也
    市場・情報分析に従事。メルマガでも圧倒的な部数を誇る人気コンテンツ「日替わりFX View」を担当。その丁寧でわかり易い説明から初心者だけでなく、幅広い層からの支持を集める。特に英国の経済・金融に精通しており、その分析には定評がある。
  • 水曜日担当:中島美里
    ひまわり証券入社後、情報チームにて情報収集・分析を担当。情報チーム一番の若手としてフレッシュな視点で市場を分析。主要国だけではなくジンバブエなどのマイナー国にも興味津々。経済、金融市場に何が起きているのかをわかり易く解説。
  • 金曜日担当:大川輝
    テクニカル分析を得意とする。HP上に日経225先物レポート「225イブニングToday」を執筆し、為替・証券と幅広くテクニカル分析を行っている。それに加え世界経済、特にノルウェー、スウェーデンのような情報量の少ない国について造詣が深い。

2010年7月の為替相場予報

2010年7月30日

RBNZ、喫緊の利上げの必要性は示さず

昨日RBNZ(NZ準備銀)が政策金利を発表。事前予想通りの2.75%→3.00%への利上げを行いました。また声明文では「景気刺激策を更に巻き戻す事は適切」と表明。利上げサイクル継続の姿勢を改めて示しま...

2010年7月28日

ユーロ/ドル、ラリーは続く?!

今日はスイスイ♪水曜日♪ 日経平均もスイスイ上昇中ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?毎日暑い日が続いていますね、私の地元、愛知県は熱中症で病院に運ばれた人の数が全国でトップだそうですが…。 先週...

2010年7月26日

RBNZ(NZ準備銀行)、2会合連続で利上げ決定か!?

7月29日(木)午前6時にNZの中央銀行のRBNZが政策金利を発表します。RBNZは前回6月の会合で、政策金利を世界的な金融危機発生後初めて引き上げ(2.50%→2.75%へ)、金融緩和政策の脱却へ向...

2010年7月23日

南アフリカ、当面は金利据え置きか?

昨日SARB(南ア準備銀)が政策金利を発表。市場予想通りの6.50%で据え置くことを決定いたしました。記者会見で特に注目したかった点は以下の2点。 ■決定は全会一致だったかどうか ■インフレ見通し ■...

2010年7月21日

ユーロ、短期的に買い戻されるものの…!?

ユーロ/円は今年の6月終わりに底をつけてから買い戻される展開が続いています。泥沼化していた欧州債務危機ですが、EU/IMFの強調支援が決まり、またここ最近行われたギリシャや東欧諸国の入札が無事に行われ...

2010年7月19日

BOC(カナダ銀行)政策金利、焦点は声明文か!?

明日(20日)、カナダの中央銀行のBOCが政策金利を発表します。BOCは前回6月1日の会合で0.25%の利上げを決定(0.25%→0.50%へ)しました。これは世界的な金融・経済危機発生後、G7の中で...

2010年7月16日

NZの第2四半期消費者物価指数は弱い結果に。ただ利上げは規定路線か?

本日早朝にNZの第2四半期消費者物価指数が発表されました。結果は前期比で1.8%と事前予想(1.9%)を下回る結果に。09年第3四半期以来の低い伸び率となりました。ただこの消費者物価指数ですが、non...

2010年7月14日

アメリカで見た国内事情

先週1週間夏休みを貰い、アメリカへ行ってきました。 ここ最近は雇用関連の経済指標が弱いものが目立ち、米国が再び二番底に陥るのでは?といった懸念も出てきています。 私が実際にアメリカで見た光景は、依然と...

2010年7月12日

カナダドルは今後大きく上昇する可能性あり!?

先週金曜日(9日)に発表されたカナダの6月雇用統計を受けて、市場ではカナダの中央銀行のBOC(カナダ銀行)が政策金利を引き上げる(利上げ)との期待感が高まっています。 雇用統計は失業率7.9%・雇用ネ...

2010年7月 9日

強い結果となった豪雇用統計、今後の経済は?

昨日豪6月雇用統計が発表されました。雇用者数変化は4.59万人と事前予想(1.50万人)・前回数値(2.28万人)を上回る結果に。項目別でもフルタイマー(常勤雇用者数)が1.84万人と10ヶ月連続のプ...

2010年7月 7日

SNB(スイス国立銀行)による為替介入懸念高まる!?

市場では、SNB(スイスの中央銀行)による為替介入への警戒感が高まっています。 昨日発表されたスイスの6月の消費者物価指数(CPI)が要因です。CPIの結果は前月比-0.4%・前年比+0.5%と事前予...

2010年7月 5日

中国の上海総合指数が落ちてますが…。

中国の上海総合指数が6月で7%の下落となっています。ずるずると下げつづけ、ほんとに元気のないチャート…。 バブル抑制のための金融引締め、不動産投資の新たな規制と株の重石となる材料は様々ですが、投資家が...

2010年7月 2日

スウェーデン中銀、今後の金融政策

昨日スウェーデン中銀が政策金利を0.25%→0.50%へと引き上げることを決定いたしました。 市場では金利引き上げとの見方が優勢であったことから、市場の関心は声明文へと移っていました。そこで今回は声明...

ページトップへ