為替相場予報\

2010年9月 8日

欧州で危機が再燃

昨日ウォール・ストリート・ジャーナルが独自の調査の結果として報道した記事、「欧州のストレステストで、一部の銀行が政府債の保有高を過少申告していた」、が伝えられると、欧州の銀行の健全性に対する懸念が浮上、ユーロ、欧州株式市場は下落する展開となりました。

ユーロは「欧州でも米国のようなストレステストを行う」とアナウンスしてから反発を開始していました。ストレステストについては、「基準が甘すぎる」といった意見や「不合格の銀行の処置について不透明すぎる」といった声が多く上がっていましたが、それでも各銀行の資産状況等が公表されたことで、市場の不透明感が払拭されていました。
しかし今回、WSJがストレスとストの欠点を暴露したことで、欧州圏には再び不穏な空気が立ち込めています。

また今週からフランスで大規模なストライキが起こっています。これはサルコジ大統領が提案している年金の受給開始年齢を、現行の60歳から62歳へ引き上げるということに反対するためのデモです。同国の財政不均衡は深刻化しており、これはドイツや他のユーロ圏諸国にも同じことが言えます。年金の問題は不均衡是正のため対処しなければならない問題で、今後は年金だけに留まらず様々な弊害が出てくることが考えられます。

欧州は新たな危機へと一歩踏み出したと考えてもいいかもしれません。

為替相場予報\
ひまわり証券情報チームの3名がその日の為替相場について連載
  • 月曜日担当:八代和也
    市場・情報分析に従事。メルマガでも圧倒的な部数を誇る人気コンテンツ「日替わりFX View」を担当。その丁寧でわかり易い説明から初心者だけでなく、幅広い層からの支持を集める。特に英国の経済・金融に精通しており、その分析には定評がある。
  • 水曜日担当:中島美里
    ひまわり証券入社後、情報チームにて情報収集・分析を担当。情報チーム一番の若手としてフレッシュな視点で市場を分析。主要国だけではなくジンバブエなどのマイナー国にも興味津々。経済、金融市場に何が起きているのかをわかり易く解説。
  • 金曜日担当:大川輝
    テクニカル分析を得意とする。HP上に日経225先物レポート「225イブニングToday」を執筆し、為替・証券と幅広くテクニカル分析を行っている。それに加え世界経済、特にノルウェー、スウェーデンのような情報量の少ない国について造詣が深い。

imp

ソーシャルブックマークへ投稿: | Yahoo!ブックマークに登録 | Hatenaブックマークに追加 | livedoorクリップへ追加 | newsingへ投稿 | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | Choixへ追加 | del.icio.usに追加 |

コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 欧州で危機が再燃

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/13059

コメントする

ページトップへ