スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど大手外資系銀行で、20年以上にわたり外国為替部門の要職を歴任。2006年に独立し、自己資金運用のかたわら、フリーランスの立場で市況・予想記事を提供中。ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析はもちろん、オプションなどデリバティブ理論にも精通する、「為替マーケットの語り部」。

2010年3月

2010/3/31 (水)

米国景気回復期待でドル上昇 ドル円一時93円台
昨日の概況 東京市場では年度末の利益送金やリパトリの円買いが優勢となり92.15円付近へ下落。1日に予定されている第一生命の株式上場に伴う海外勢の円買いが噂されていたほか、中国人民銀行の金融政策委員に任命された夏斌氏や李… [続きを読む]

2010/3/30 (火)

ギリシャの起債で安堵感強まる
昨日の概況 ドル円は期末を控えて模様眺めムードが広がり、92円台ミドルでの小刻みな売買に終始しました。東京市場ではユーロドルの急騰を受けて92.35円付近と下値を探ったものの、日経平均が下げ幅を縮小し、GLOBEXダウ先… [続きを読む]

2010/3/27 (土)

ギリシャ支援合意を好感してユーロが上昇
昨日の概況 東京市場では週末を前に利益確定の売りが優勢となり92.40円付近へ反落。日経平均が一時11000円台に乗せるなど株高連鎖期待が高まったことから92.65円付近へ上昇しましたが、欧州市場序盤はユーロドルが一段高… [続きを読む]

2010/3/26 (金)

米国金利上昇背景にドル続伸 ドル円92円台へ
昨日の概況 東京市場では約1カ月ぶりの92円台とあって輸出企業のドル売りが先行し、午前中は91.75円付近までじり安の展開。しかし国内機関投資家による新規外債投資や年度末を意識したヘッジはずしのドル買いの観測もあり、この… [続きを読む]

2010/3/25 (木)

ポルトガルの格下げきっかけにドル全面高 ドル円92円台
昨日の概況 東京市場では本邦投資家からのまとまった買いが90.50円の売りオーダーを吸収し90.60円付近へ上昇。日本経済新聞が「日本の生保がヘッジなしでの外債投資の拡大を検討している」と報じたことも話題となっていました… [続きを読む]

2010/3/24 (水)

ギリシャ支援めぐる不透明感でユーロ軟調
昨日の概況 三連休明けの東京市場では、インド株が上昇してスタートしたことから安堵感が出て90.35円付近へ上昇したものの、市場の関心がユーロに集中したことから動意が乏しい展開。欧米市場でも、3月のリッチモンド連銀製造業指… [続きを読む]

2010/3/23 (火)

インドの利上げ響かず、ドルと円が反落
昨日の概況 東京市場は春分の日で休場。薄商いのアジア市場では、米下院が医療保険改革法案を可決したことを受けて90円台ミドルで底堅い動きとなり、午後は欧州勢からの買い仕掛けで一時90.75円付近へ上昇しました。しかし過去1… [続きを読む]

2010/3/21 (日)

インドのサプライズ利上げ受けてリスク回避のドル買い・円買い
昨日の概況 ドル/円は日本の三連休を前に動意の乏しい展開となりましたが、NY市場朝方には、カナダ景気指標の上振れを好感してカナダドルが急騰し、カナダ円の上昇を通じて円売りが出たことから、一時90.70円付近まで上昇しまし… [続きを読む]

2010/3/19 (金)

ギリシャ問題再燃でユーロ反落 米公定歩合引き上げの噂も
昨日の概況 中国の新規融資規制強化の観測や人民元切り上げの噂を受けて警戒感が強まり、90円を試す展開。欧州市場序盤はギリシャ救済をめぐる懸念再燃を背景に90円を割り込み、ストップロスの売りで一時89.75円付近まで下落し… [続きを読む]

2010/3/18 (木)

ダウ7連騰 リスク選好高まり資源国通貨が上昇
昨日の概況 日銀金融政策決定会合は政策金利を0.10%に据え置く一方、新型オペの資金供給額を10兆円程度から20兆円程度に拡大することを決定。大方の予想通りで材料出尽くし感が出たうえ、新型オペ増額には野田委員、須田委員が… [続きを読む]

2010/3/17 (水)

FOMCは声明据え置き ドル安・円安の反応
昨日の概況 東京市場では、米超党派議員130人が中国の「為替操作」問題への対策を直ちに講じるよう求めたとの報道を受けて人民元切り上げ観測が浮上し、一時90.00円付近まで下落。しかしこのレベルでしっかり買いが入りサポート… [続きを読む]

2010/3/16 (火)

FOMC控えてポジション調整 株安・原油安でユーロは反落
昨日の概況 中国全人代が閉幕し、温家宝中国首相が「人民元が過小評価されているとは思わない」と、人民元切り上げ観測を牽制したことや、日経新聞朝刊が「ゆうちょ銀行、2009年10-12月期に米国債を3000億円購入」と報じた… [続きを読む]

2010/3/14 (日)

ドル円一時91円台 米国指標堅調 日銀緩和観測で
昨日の概況 日本経済新聞朝刊が「日銀が追加緩和策で新型オペ20兆円に倍増軸に協議」と報じたことから、東京市場朝方は円売りが先行し90.70円付近へ上昇。鳩山首相は「円高にしっかり対策打つ必要」、菅財務相も「円が強すぎては… [続きを読む]

2010/3/12 (金)

ドル円90円台後半 日銀の追加緩和観測強まる
昨日の概況 東京市場では、輸出企業のドル売りやリパトリの円買い圧力で90.50円付近が重くなり、中国2月の消費者物価指数、生産者物価指数がともに上振れしたことを受けて、90.20円付近まで下押ししました。しかし中国人民銀… [続きを読む]

2010/3/11 (木)

日銀追加緩和期待背景に円売り強まる
昨日の概況 菅財務相が「政府と日銀が物価について共通の目標を持って政策を進めていく」、鳩山首相が「デフレ脱却に向けて日銀と一体で強力かつ総合的に取り組む」など、政治サイドから相次いで日銀への金融緩和要請が伝わったことから… [続きを読む]

2010/3/10 (水)

リスク選好高まり資源国通貨上昇 円弱含み
昨日の概況 東京市場では、実需のドル売りやリパトリの円買いに押されて上値が重くなり、一部で「中国が来月にも人民元を切り上げる」との観測が流れると90円台を割り込み89.90円付近へ下落。さらに欧州市場では、格付け機関フィ… [続きを読む]

2010/3/ 9 (火)

ドル円90円台で小康状態 欧州版IMF構想浮上で一時ユーロ買い
昨日の概況 東京市場朝方は、先週末の米国雇用統計上振れの余韻と日経平均の大幅上昇期待から、一時90.65円付近まで上昇。しかしこの水準では輸出企業のドル売り意欲が強く頭打ちとなると、90.35円付近へ反落。日経平均は20… [続きを読む]

2010/3/ 6 (土)

米国雇用統計上振れを受けて株高・円安進行
昨日の概況 日経新聞朝刊で「日銀が4月にかけ追加緩和を検討」と報じられたことや、日経平均が223円高となったのをはじめ、アジア株、GLOBEXダウ先物もプラス圏で堅調に推移したことから、東京市場では89.40円付近へじり… [続きを読む]

2010/3/ 5 (金)

ギリシャ支援不透明感強まりユーロ反落 ドル円89円台回復
昨日の概況 東京市場では、日経平均が100円超のマイナスとなったうえ、中国の預金準備率引き上げの噂が流れ、上海株が大幅に下落したことから、一時88.15円付近まで年初来安値を更新。しかし88.50円以下では日本の準公的機… [続きを読む]

2010/3/ 4 (木)

ギリシャ緊縮財政措置発表でユーロ反発 ドル円年初来安値更新
昨日の概況 ドル/円は、東京市場朝方にはポンドの急騰をきっかけに全般にドル売りが優勢となり、88.50円付近と年初来安値を更新。このレベルでは本邦機関投資家や信託の執拗な買いが入ったことから88.95円付近まで反発したも… [続きを読む]

2010/3/ 3 (水)

ギリシャ問題解決期待からユーロ高 ドル円年初来安値に並ぶ
昨日の概況 東京市場では、米WSJでプロッサー・フィラデルフィア連銀総裁が「”長期“にわたり政策金利を低水準に据え置く公約を撤回すべきだ」と述べたこともあり、89.35円付近まで上昇。しかしこの水準は輸出企業の売りで頭打… [続きを読む]

2010/3/ 2 (火)

大型M&A受けてポンドが急落
昨日の概況 ドル/円は、東京市場朝方は88.85円付近と下値を探ったものの、豪ドルなど資源国通貨が堅調となったことから円売りが徐々に優勢となり89円台を回復。欧州市場では、ポンドの大幅下落の影響でドルが全般に堅調となり8… [続きを読む]

ページトップへ