スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど大手外資系銀行で、20年以上にわたり外国為替部門の要職を歴任。2006年に独立し、自己資金運用のかたわら、フリーランスの立場で市況・予想記事を提供中。ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析はもちろん、オプションなどデリバティブ理論にも精通する、「為替マーケットの語り部」。

2010年7月

2010/7/30 (金)

米国景気先行き懸念からドルが軟調
昨日の概況 株安連鎖を背景としたリスク回避型の円買いと、米国景気鈍化懸念を背景としたドル売りが優勢となり、東京市場では87.10円付近まで下落。欧州市場では月末のリバランスと見られるドル売りが幅広く入ったことから、87.… [続きを読む]

2010/7/29 (木)

弱い米耐久財受注、ベージュブック受けて反落
昨日の概況 日経平均が256円高と大幅に上昇したことから東京市場ではリスク選好型の円売りが優勢となり、一時88.10円付近まで上値を拡大。しかし88円台では実需の売りオーダーが厚く頭打ちとなると、欧州株式市場が軟調にスタ… [続きを読む]

2010/7/28 (水)

株価堅調・クロスの円売り優勢
昨日の概況 日経平均が小幅安となったことから東京市場では87円手前で足踏み状態が続きましたが、欧州市場に入り株式市場がプラス圏でスタートすると、もみ合いを抜け出し87円台ミドルへ上昇。ドルスイスがスイス中銀介入の噂で急騰… [続きを読む]

2010/7/27 (火)

ダウが2カ月ぶり高値、ユーロも堅調
昨日の概況 週明けの東京市場では、ストレステストを無事通過したことや、株式市場がアク抜け感から上昇したことを受けてリスク選好の流れとなり、一時87.70円付近まで上昇。しかしこの水準では実需のドル売りが厚く頭打ちとなると… [続きを読む]

2010/7/24 (土)

ストレステスト無事通過でユーロ堅調・株高
昨日の概況 ドル円は、東京市場では実需のドル売りに押されて86.75円付近へ下落したものの、日経平均・アジア株式市場が堅調となったことから87円台を回復。欧州ストレステストは無難に通過するとの楽観的な見方からリスク回避ム… [続きを読む]

2010/7/23 (金)

欧米の景気指標堅調・株高で一転リスクオンの動きに
昨日の概況 東京市場では日経平均が終日軟調な動きとなり、米国10年債利回りが2.85%近辺まで低下したことから、86.35円付近と年初来安値に迫る動きとなりました。池田財務副大臣が「過度の円高は回避したい」と発言しました… [続きを読む]

2010/7/22 (木)

バーナンキ証言受けて株安・金利低下
昨日の概況 ドル円はショートカバー一巡で87円台ミドルが重くなり、日経平均が期待に反して21円安とマイナスで引けたことから87.10円付近へ反落。欧州市場序盤はユーロ円の下落につられて86.90円付近まで下押ししました。… [続きを読む]

2010/7/21 (水)

ダウ下げ渋りドル円87円台回復
昨日の概況 ドル円は三連休明け5・10日のドル不足などで、東京市場で87.15円付近まで上昇。欧州株式市場が軟調に推移したことや、米ゴールドマン・サックスの決算が予想を下回ったことから86.75円付近へ反落したものの、米… [続きを読む]

2010/7/20 (火)

ユーロ堅調 アイルランドの格下げは響かず
昨日の概況 東京市場は海の日で休場。アジア市場は86.60−70円近辺で膠着となりました。欧州市場序盤、ダウ・ジョーンズが関係筋の話として、「1-2ヶ月にわたって1ドル=85円前後で推移すれば、日銀は追加緩和を検討する可… [続きを読む]

2010/7/17 (土)

米国景気指標下振れ受けてドル円86円台、年初来安値更新
昨日の概況 米国の景気下振れ懸念や金利の低下を受けたドル売りが引き続き優勢。東京市場では日経平均が277円安の急落となったこともあり、86.97円付近と年初来安値に顔合わせしました。この水準ではショートカバーが入り、米G… [続きを読む]

2010/7/16 (金)

欧州信用不安後退、米国景気指標下振れでユーロ急騰
昨日の概況 ドル円は米国景気下振れ懸念や株安を背景に下値を探る動き。中国の一連の経済指標は、第2四半期GDPが+10.3%(予想+10.5%)、消費者物価指数+2.9%(予想+3.3%)など全般に予想を下回り、日経平均、… [続きを読む]

2010/7/15 (木)

米小売売上高下振れでドル売り
昨日の概況 ドル円は、前日のNYダウの大幅高や米インテルの好決算を受けて一時89.05円付近へ上昇。しかし89円台では実需のドル売りオーダーも厚く、89.80円付近へ反落。日経平均は258円高と大幅上昇したものの、89円… [続きを読む]

2010/7/14 (水)

アルコア、インテルの好決算受けて株高・リスク選好の流れ強まる
昨日の概況 米アルコアの好決算を受けた株高連鎖期待から、東京市場朝方は一時88.85付近まで上昇。しかし日経平均が上げ幅を縮小しマイナス圏に突入、上海株・GLOBEXダウ先物も下落したことから、88.20円付近へ反落。N… [続きを読む]

2010/7/13 (火)

与党大敗を受けた円売りは続かず
昨日の概況 東京市場朝方は、参院選で与党が大敗したことを受けて海外勢の円売りが先行し、89.15円付近まで上昇。しかし日本の政治に対する市場の関心は低く、円売りも一時低。午後は日経平均がマイナス圏に沈んだこともあり、88… [続きを読む]

2010/7/11 (日)

株高・金利上昇でドル円底堅い
昨日の概況 ドル円は、東京市場では実質5・10日の仲値需要や、日経平均上昇を好感した円売りで一時88.65円付近まで上昇。韓国中銀が予想外の利上げ(2.00%→2.25%)に踏み切り、アジア通貨が上昇したことから、88.… [続きを読む]

2010/7/ 9 (金)

ダウ3日続伸でリスク選好型の円売り
昨日の概況 日経平均が序盤から200円超の上昇となったことから、ドル円はついに抵抗線の88.00円を突破。豪雇用統計の上振れを受けて豪ドルが対円でも上昇したことにもサポートされ、88.45円付近へ上昇しました。欧州市場で… [続きを読む]

2010/7/ 8 (木)

ダウ大幅上昇で安堵感
昨日の概況 日経平均とアジア株式市場が期待に反して軟調に推移したことや、ロシアの中堅銀行インターナショナル・インダストリアル・バンクのデフォルト懸念が浮上したことを受けて、東京市場終盤から円買いが強まり、欧州市場序盤には… [続きを読む]

2010/7/ 7 (水)

ISM非製造業景況指数が下振れ ドル売り強まる
昨日の概況 ドル円は、東京市場では「中国、日本国債の購入拡大、1-4月買い越し額5410億円」と報じられたことや、元IMF首席エコノミストのケネス・ロゴフ・ハーバード大学教授が「中国不動産市場の崩壊が銀行システムの打撃に… [続きを読む]

2010/7/ 6 (火)

米国市場は独立記念日振替で休場
本日のレポートはお休みとさせていただきます。あしからずご了承ください。 … [続きを読む]

2010/7/ 3 (土)

米国雇用統計悪化でドル売り優勢
昨日の概況 東京市場では、仲値のドル不足観測やユーロ円の上昇にサポートされ一時88.20円付近まで上昇。しかし上海株が一時大きく下落するなど株安連鎖懸念が高まったことから87.85円付近へ後退。欧州市場では、米国雇用統計… [続きを読む]

2010/7/ 2 (金)

米国景気指標下振れで一時87円割れ
昨日の概況 ドル/円は、日銀短観・大企業製造業業況判断DIが+1(予想-4)、大企業非製造業業況判断DIが-5(予想-7)など予想を上回ったことから、リスク回避ムードがやや後退し、一時88.55円付近まで上昇。しかし株高… [続きを読む]

2010/7/ 1 (木)

米国雇用統計に下振れ観測
昨日の概況 ドル/円は日経平均が大幅に下落したことから88.40円付近まで下落したものの、GLOBEXダウ先物がプラス圏で推移したことから底堅い動きとなり、欧州市場序盤はユーロ円の反発につられて88.75円付近へ小幅上昇… [続きを読む]

ページトップへ