スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど大手外資系銀行で、20年以上にわたり外国為替部門の要職を歴任。2006年に独立し、自己資金運用のかたわら、フリーランスの立場で市況・予想記事を提供中。ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析はもちろん、オプションなどデリバティブ理論にも精通する、「為替マーケットの語り部」。

2010年12月

2010/12/31 (金)

米国長期金利の上昇一服・ドル軟調
昨日の概況 ドル円は、年末で薄商いが続く中、81.50円付近のストップロスを巻き込み一時81.30円付近と11月9日以来の安値を示現。しかし5・10日の仲値需要や米国企業のリパトリのドル買いがサポートとなり81.60円付… [続きを読む]

2010/12/30 (木)

米国7年債入札好調・長期金利低下を受けてドル下落
昨日の概況 東京市場では前日の米国長期金利上昇を受けたドル買いの流れで一時82.55円付近へ上昇したものの、米国債利回りが時間外取引でやや低下したことから82.05円付近へ反落。その後米国長期金利が一旦下げ渋ったことから… [続きを読む]

2010/12/29 (水)

米国債利回り反発でドルも持ち直す
昨日の概況 ドル円は、スポットが月末応答となり、年内最終受け渡しとなったことから、東京市場では輸出企業のスポット円転が断続的に持ち込まれ82.40円付近へ下落。日経平均・上海株の下落や米国債利回りの低下を背景に欧州市場で… [続きを読む]

2010/12/28 (火)

中国の追加利上げの影響は限定的
昨日の概況 土曜日に中国人民銀行が利上げを発表(金融機関への貸し出しと預金の基準金利を26日から25bp引き上げ)したことを受けて、シドニー市場朝方はリスク回避の動きが先行。ドル円は82.80円付近へ下落してスタートとな… [続きを読む]

2010/12/25 (土)

クリスマスイブで閑散・小動き
昨日の概況 クリスマスイブのため欧州の一部市場と米国株式・債券市場は休場。参加者がまばらとなる中、主要通貨はほぼ横ばいの動きとなりました。ドル円はみなし5・10日の影響から仲値にかけて83.15円付近へ上昇したものの、仲… [続きを読む]

2010/12/24 (金)

クリスマス直前、ポジション調整のドル売り
昨日の概況 東京市場が休場で薄商いのアジア市場では、短期筋による売り仕掛けが奏功し、83.30円、83.00円付近でストップロスを巻き込み82.85円付近まで急落。この水準では値ごろ感から押し目買いやショートカバーが入り… [続きを読む]

2010/12/23 (木)

ユーロが対スイスフラン、豪ドルで安値更新
昨日の概況 ドル円は東京市場では83.80円前後での膠着が続きましたが、欧州市場に入ると、一部メディアが「中国がポルトガル国債を購入する準備をしている」と報じユーロドルが買い戻されたことにつられ、一時83.45円付近へ下… [続きを読む]

2010/12/22 (水)

格下げ示唆相次ぎユーロ下落 中国の支援は不透明
昨日の概況 ドル円はクリスマス直前で動意が乏しく、83円台後半での方向感の乏しい値動きとなりました。日銀金融政策決定会合は、全会一致で政策金利をゼロ−0.10%、資産買入れ基金を約5兆円で据え置くことを決定し、「今後も基… [続きを読む]

2010/12/21 (火)

フランス、ベルギーに格下げの噂 ユーロ続落
昨日の概況 ドル円は、東京市場では5・10日の仲値需要期待から84.10円付近まで小幅高となったものの、輸出企業のドル売り圧力が強くここで頭打ち。韓国が延坪島で射撃訓練を実施したことから、地政学リスクが高まり上値の重い展… [続きを読む]

2010/12/18 (土)

ムーディーズがアイルランドを5段階格下げ 米国債利回り低下
昨日の概況 ドル円は、米国債利回りの上昇が一服したことから上値の重い展開となり東京市場で84円台を割り込む展開。欧州市場では、米下院が減税法案を可決し材料出尽くしとなったことや、アイルランドの格下げを受けて安全志向が強ま… [続きを読む]

2010/12/17 (金)

ドル高一服 スペインの国債入札はまずまず
昨日の概況 ドル円は、米国10年債利回りが時間外取引で低下したことから84.00円付近へ押し戻される展開。しかし米新規失業保険申請件数が42.0万件(予想42.5万件)、11月の住宅着工件数が55.5万件(予想55.0万… [続きを読む]

2010/12/16 (木)

米国債利回りが3.5%突破 ドル円84円台回復
昨日の概況 東京市場朝方は、米10年債利回りが時間外取引で3.5%台に乗せたことからドル買いが強まり83.90円付近へ上昇。12月調査の日銀短観は、大企業製造業業況判断DIが+5と予想の+3を上回るなど全体に悪くなかった… [続きを読む]

2010/12/15 (水)

米国債利回りが3.5%に迫る動き ドル堅調
昨日の概況 ドル円は東京市場では83円台ミドルでの膠着が続きましたが、欧州市場に入るとユーロドルの上昇をきっかけににわかにドル売りで動意付き、83.00円付近のストップロスを巻き込み一時82.85円付近まで下落。しかしF… [続きを読む]

2010/12/14 (火)

FOMC控え米国債利回り上昇一服 ドル反落
昨日の概況 ドル円は、東京市場では米国長期金利の上昇や株式市場の堅調推移を受けて買いが入り84.15円付近へ上昇。土曜日に発表された中国11月の消費者物価指数は前年比+5.1%(予想+4.7%)、生産者物価指数は同+6.… [続きを読む]

2010/12/11 (土)

米国債利回りが半年ぶり高値 ドル円一時84円台
昨日の概況 ドル円は、日経平均が終日マイナス圏で軟調に推移したことや、中国11月の貿易収支が228.9億ドルの黒字と予想の212億ドルを上回り、追加利上げは近いとの見方が強まったことから、83.65円付近へ下落。欧州市場… [続きを読む]

2010/12/10 (金)

米国株・債券利回り伸び悩み ドル円も84円台頭打ち
昨日の概況 ドル円は新規材料難から方向感が乏しい一日。東京市場では、豪雇用統計の上振れを受けて豪ドルが上昇したことから、他通貨でもドル売りが優勢となり、ドル円も朝方の84.10円付近から83.70円付近まで下落しました。… [続きを読む]

2010/12/ 9 (木)

米国債利回り上昇を受けて84円台回復
昨日の概況 東京市場では、「北朝鮮が海上に向け砲撃した」との報道を受けて一時アジア通貨を売る動きとなり、ドル円も83.70円付近と前日高値を更新。砲撃は軍事演習だった模様で、しばらく足踏みとなりましたが、米国債利回りが時… [続きを読む]

2010/12/ 8 (水)

米国債利回り急上昇を受けてドル買い戻し
昨日の概況 東京市場では、中国証券報が「中国人民銀行が今週末に利上げする可能性がある」と報じたことを受けて上海株や日経平均が下落したことから、ドル円も82.35円付近まで下押し。しかし上海株がプラス圏へ浮上し、日経平均も… [続きを読む]

2010/12/ 7 (火)

欧州の債務問題再燃でユーロ反落
昨日の概況 ドル円は、米国雇用統計下振れを受けたドル売りが一巡し、ユーロドルの下落につられて82.95円付近と上値をトライ。しかし83円付近にはロングのしこりが多くここで頭打ち。NYダウが軟調に推移し、米国10年債利回り… [続きを読む]

2010/12/ 4 (土)

米国雇用統計が大幅下振れ ドル全面安
昨日の概況 日経平均が序盤の上昇幅を縮小し一時マイナスとなったことから、83.50円付近までじり安となったものの、PIIGSの信用不安後退を受けてユーロが対円でも上昇したことから下げ渋り、83.80円付近まで持ち直してN… [続きを読む]

2010/12/ 3 (金)

ECBが国債買い入れ継続を表明 ユーロ買い戻し強まる
昨日の概況 ドル円は東京市場では全くの動意薄でしたが、欧州市場ではECBの金融政策発表を前にユーロが対円で上昇したことから、ドル円も84.35円付近までじり高となりました。しかしトリシェECB総裁の記者会見では、当初国債… [続きを読む]

2010/12/ 2 (木)

米雇用指標上振れで84円台回復
昨日の概況 東京市場では、中国11月の製造業PMIが55.2と予想の54.8を上回ったことから、中国の金融引き締め観測が強まり、83.40円付近まで下押し。しかし日経平均や上海株がプラス圏へ浮上し、欧州株式市場も堅調にス… [続きを読む]

2010/12/ 1 (水)

中国利上げ懸念、欧州債務危機を背景にユーロ安・円高
昨日の概況 東京市場では84円台ミドル以上に実需の売りオーダーが集まり、上値の重い展開。中国社会科学院のエコノミスト仲継銀氏が、英字紙チャイナ・デイリーの論説で、当局はインフレ抑制のために200bpの追加利上げを行う必要… [続きを読む]

ページトップへ