スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど大手外資系銀行で、20年以上にわたり外国為替部門の要職を歴任。2006年に独立し、自己資金運用のかたわら、フリーランスの立場で市況・予想記事を提供中。ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析はもちろん、オプションなどデリバティブ理論にも精通する、「為替マーケットの語り部」。

2011年3月

2011/3/31 (木)

FRB高官のタカ派発言相次ぎ83円台へ浮上
昨日の概況 東京市場ではFOMC投票メンバーであるフィッシャー・ダラス連銀総裁が「6月以降のQE2延長に反対する」と発言したことをきっかけにドル買いが強まり83円を突破、日経平均が250円高と大幅に上昇したこともあり、一… [続きを読む]

2011/3/30 (水)

セントルイス連銀総裁のタカ派発言を受けてドル上昇
昨日の概況 東京市場では、スポット応当日が3月末とあって、輸出企業の円転や年度末のリパトリがらみの円買いが強まり一時81.55円付近へ下落。しかしこの水準にはEBS(電子ブローキングシステム)に大量の買いオーダーが入って… [続きを読む]

2011/3/29 (火)

ドル円、介入後の高値に迫る動き
昨日の概況 ドル円は、米国の出口戦略への期待感を背景としたドル買いの流れを引き継ぎ、東京市場では一時81.80円付近へ上昇。しかし81.80-82.00円に積み上がった輸出企業のドル売りオーダーや年度末のリパトリのフロー… [続きを読む]

2011/3/26 (土)

豪ドルが変動相場制移行後の高値更新
昨日の概況 ドル円は、東京市場では一段と動意が乏しい展開となり、オプションのストライクが観測される81.00円をはさんでわずか10銭程度のレンジ内で完全に膠着。しかし欧州市場序盤、EU首脳会議の声明草稿に「G7の円売り協… [続きを読む]

2011/3/25 (金)

商品高背景に資源国通貨が堅調
昨日の概況 ドル円は、円売り介入への警戒感と3月期末のリパトリによる円買いに挟まれ、80円台後半での膠着状態が続きました。欧州市場序盤は欧州高債務国の信用不安を手掛かりにユーロ円が売られたことから80.80円付近へ下押し… [続きを読む]

2011/3/24 (木)

ポルトガルの信用不安受けてユーロ反落
昨日の概況 東京市場では、福島の原発事故の収拾のめどが立たないうえ、東京の水道水から放射性物質が検出されたこともリスク回避ムードを強め、日経平均が一時200円超のマイナス。ドル円は月末・3月期末を控えて輸出企業の円転やリ… [続きを読む]

2011/3/23 (水)

英CPI上昇受けてポンドが全面高
昨日の概況 前日の海外市場で株高が進行したことや、格付け会社ムーディーズが「日本の経済、ソブリンクレジット、企業セクターのダウンサイドリスクは高まった」との見解を示したことを受けて、東京市場序盤は81.25円付近と上値を… [続きを読む]

2011/3/22 (火)

ECB利上げ観測強まりユーロが年初来高値更新
昨日の概況 東京市場は春分の日で休場。アジア市場では介入警戒感から81.00円付近へ上昇してスタートし、80.90円前後で底堅い動き。アジア株がプラス圏で終了し、欧州株式市場も軒並み大幅上昇したことから、81円を突破し8… [続きを読む]

2011/3/19 (土)

G7が10年ぶりの協調介入!ドル円・クロス円急反発
昨日の概況 日本時間午前7時からG7財務相・中銀総裁が緊急電話会議を開催し、午前9時に協調介入が実施されると一気に81.50円付近へ急騰。G7は「日本当局からの要請で米・英・カナダ・ECBは為替市場で協調介入に参加する」… [続きを読む]

2011/3/18 (金)

G7緊急電話会議控え円を売り戻す動き
昨日の概況 昨日のシドニー市場早朝にはパニック的な売り殺到で一時76.25円付近まで史上最安値を更新しましたが、日本勢が参入してくると案の定下げ過ぎ感から持ち直し、急落の起点となった79.75円付近まで回復しました。東京… [続きを読む]

2011/3/17 (木)

ドル円一時76円台 セリングクライマックスか?
昨日の概況 東京市場朝方は日経平均の反発を先取りしたショートカバーが入り、一時81.15円付近まで上昇。日経平均は下げ過ぎ感から買戻しが入り、序盤に560円あまり上昇しました。しかしその後は福島の原発事故の深刻化を懸念し… [続きを読む]

2011/3/16 (水)

日経平均先物が一時8000円割れ セリングクライマックスか?
昨日の概況 東京市場では「福島第一原発2号機で爆発音」との報道を受けて円売りが強まり81.90円付近へ上昇。しかし菅首相が午前の記者会見で「福島第一原発から放射能漏れが観測されている」と発表したことから、リスク回避型の円… [続きを読む]

2011/3/15 (火)

リパトリの円買いは限定的
昨日の概況 週明けのシドニー市場早朝では、日本勢のリパトリ・換金売りを先取りした円買いが先行、81.50円、81.00円付近でストップロスを巻き込み一時80.60円付近まで下落し年初来安値を更新。しかし投げ売りが一巡する… [続きを読む]

2011/3/13 (日)

東日本で巨大地震発生!リスク回避の円買いが殺到
金曜日の概況 東京市場は、中国2月の主要経済指標に対する反応も乏しく、82.80円付近で小康状態が続いていましたが、午後3時前、東北で震度7の大地震が発生し、首都圏も震度5の大きな揺れに見舞われたことから、83円台へ上昇… [続きを読む]

2011/3/11 (金)

スペイン格下げを受けてユーロ急落
昨日の概況 東京市場では、中国2月の貿易収支が73億ドルの赤字と予想(49.0億ドルの黒字)に反して赤字を記録したことから、全般にドル買いが優勢となり82.95円付近へ上昇。欧州市場序盤は、ユーロ円の下落につられ一旦82… [続きを読む]

2011/3/10 (木)

強弱材料混在で方向感乏しい
昨日の概況 FOMCの金融緩和に関する声明変更の観測が高まったことや、日経平均が上昇してスタートしたこともあり、東京市場では82.90円付近へ上昇。しかし83円付近では輸出企業やオプションがらみのドル売りが厚く頭打ち。リ… [続きを読む]

2011/3/ 9 (水)

リビア和平期待、OPEC増産観測受けて原油反落・ドル高
昨日の概況 リビア情勢に関しては「カダフィ大佐が出国に関して反体制派と交渉」、「リビア政府軍が反撃し反政府勢力の拠点のひとつだったビンジャワドを奪還」など好悪の情報が錯綜したものの、午後「OPEC3か国が増産へ」と報じら… [続きを読む]

2011/3/ 8 (火)

リビア関連情報錯綜し方向感つかみづらい
昨日の概況 リビア情勢の悪化や原油高を受けて日経平均が一時220円あまりのマイナスとなり、株安連鎖懸念・リスク回避ムードが強まったことから、欧州市場序盤は82.05円付近へ下落。また欧州の利上げ期待を背景にユーロドルが4… [続きを読む]

2011/3/ 5 (土)

米国雇用統計受け一時83円台
昨日の概況 日経平均が107円高で引け、アジア市場、欧州株式市場も堅調な動きとなったことから、ドル円は前日高値の82.50-55円を上抜けし82.80円付近へじり高の展開。注目の米国2月の雇用統計は、非農業部門雇用者数(… [続きを読む]

2011/3/ 4 (金)

ユーロ急騰!トリシェECB総裁が来月利上げの可能性を示唆
昨日の概況 ドル円は、東京市場では81円台ミドルに本邦投資家・準公的ネームのまとまった買いが入っているとの観測から底堅い動き。中東の衛星テレビ局アルジャジーラが「リビアのカダフィ大佐とアラブ連盟のムーサ事務局長が、ベネズ… [続きを読む]

2011/3/ 3 (木)

ダウ下げ渋りでリスク選好が回復 ユーロドルが4か月ぶり高値
昨日の概況 東京市場では、中東情勢の緊迫化や原油高・株安連鎖を受けて、81.90円前後で上値の重い動き。日経平均は大幅安でスタートし262円安と今年最大の下げを記録しました。欧州市場序盤は、原油相場が一旦100ドル割れへ… [続きを読む]

2011/3/ 2 (水)

イランの反政府デモ受けて原油急騰・株安・リスク回避の動き
昨日の概況 日経平均やアジア株が軒並み上昇し、GLOBEXダウ先物も堅調な動きとなったことから、82.20円付近まで上値を拡大。NY市場でも、ダウがプラス圏でスタートしたことや、米2月ISM製造業景況指数が61.4と予想… [続きを読む]

2011/3/ 1 (火)

商品相場上昇受けて資源国通貨が高い
昨日の概況 週明けの東京市場は模様眺めムードが強まったものの、81.50-60円付近に機関投資家のまとまった買いオーダーが入ったとの観測から81.70円付近で底堅く推移。東京・アジア市場から欧米市場へ株高が連鎖し、クロス… [続きを読む]

ページトップへ