複数の外資系証券会社を経験し、現在は雑誌、テレビなどのメディアを中心に活動しているマーケットアナリスト丸子和浩が、外国為替証拠金取引に関連するテクニカルチャートを説明します。

2007年6月アーカイブ:わかるテクニカルチャート

第37回:転換線

2007年6月26日

一目均衡表の転換線は、転換線とは、過去9日間の最高値と最安値の中間値(仲値)のことです。 高値と安値の仲値ですから、バランス(均衡)という意味では理解できますが、なぜ9日間なのか疑問に思うものです。 ...

第36回:一目均衡表 

2007年6月19日

一目均衡表についてお話します。 一目均衡表は、時間論、波動論、水準論の3つがあります。 変化日についてお話していた途中なので、時間論を中心に進めていきたいところですが、とても有名な分析法なので、基本か...

第35回:ドル/円日足チャートのトレンドラインとバランス的日柄

2007年6月19日

ここ数ヶ月間では、ドル/円の日足チャートでは、33日前後と44日前後のバランス的日柄があると以前お話しました。 今回はトレンドラインを引いた日足チャートに、バランス的日柄を付け加えてみました。 ドル/...

ページトップへ