及川佳奈子のきらりFX生活 -トレイダーズ証券-

2009年1月 5日

米株続伸となれば円売りにつながる可能性

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は丑年。
相場格言では「うしはつまずき」
なんてことも言いますが、
今年は例外になるといいですね。

ひとまず大発会がプラスで引けてくれたので
少しだけ明るい気持ちになっています。

+++++++++++

では、本題です。

今日の東京市場は
各通貨とも方向感の見出しづらい展開となりました。

ドル/円相場は
92円を挟む水準で膠着。
91円80レベルから92円25レベルの
50銭にも満たないレンジで推移しました。

ユーロ/ドル相場は
10時前に1.3960付近までの上昇を見せましたが、
お昼前にはそこから100ポイント以上下げて
1.3840レベルまで下落。
ただ、12月下旬からサポートになっている
1.3820レベルを割り込まずに、
その後1.3950手前まで戻す動きを見せています。

ユーロ/円相場も同様に
10時前に128円50銭を越えて12月29日以来の水準まで
上昇しましたが、正午過ぎには127円40銭付近まで下落。
ただ下値も限定的で、16時30分現在
128円台前半まで持ち直しています。(16:40)

===========

■今夜の主な予定\n
24:00 米・11月建設支出  
27:15 米・サンフランシスコ連銀総裁、金融危機に関するスピーチ

昨日まで日本はお正月休みでしたが、
海外ではすでに新年の取引が2日から始まっています。

NYダウは、年末から3連騰。
1月2日の今年最初の取引では
約2ヶ月ぶりに終値ベースで9000ドル台を示現しました。
 
その日に発表されたISM製造業景況指数は
28年ぶりの低水準となったものの、
オバマ次期政権への期待感が強いためか
株式市場への影響は限られました。

目先、マーケットの関心は
株式市場の動向に集まっているものと思われます。

1月2日の上昇は休みの谷間でのモノだったため、
この上昇がほんものかどうかを
もう少し見極めたいところです。

株が上昇すれば、
円は主要通貨に対して売られやすくなるでしょう。
 


ユーロ/ドルは、
昨年の12月29日に
ポイントだと思っていた1.4270レベルを
越えたものの、そこからの勢いがなく
逆に上ヒゲを残す格好となりました。
その後も徐々に上値を切り下げてきており、
12月19日の安値1.3825レベルに近づく動きを見せています。

今週、この水準がサポートとなるのか
注目して見ていきたいところです。

では、また明日お会いしましょう。

プロフィール

トレイダーズ証券(株)
マーケティング企画部マーケティング企画課 及川佳奈子さん

大学卒業後、大手信託銀行を経て2003年6月にトレイダーズ証券入社。
学生時代の自身の投資経験と、信託銀行時代に培った外国株式の知識を活かし、トレイダーズ証券入社後は一貫して市場分析に携わる。人気コンテンツ「さと子先生に聞くウワサのFX徹底検証」やトレイダーズTVなどを担当。海外通信社からの取材を受けるなど、英語能力を活かした現地情報の収集力には定評がある。

トレイダーズ証券の資料請求・口座開設はこちらから

ソーシャルブックマークへ投稿: | Yahoo!ブックマークに登録 | Hatenaブックマークに追加 | livedoorクリップへ追加 | newsingへ投稿 | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | Choixへ追加 | del.icio.usに追加 |

| トラックバック (0)

ページトップへ