及川佳奈子のきらりFX生活 -トレイダーズ証券-

2009年1月14日

引き続き米株動向に注目

こんばんは。

1月も第3週目に入り、
徐々に日常の生活が戻ってきました。

通勤電車もぎゅうぎゅうです。
鞄は引っ張られ、足は踏まれ、
ありえないような姿勢で
電車に揺られています。

「電車内エクササイズ」と
ポジティブに考えてはみるものの、
満員電車はやっぱり憂鬱。
どうにかならないものでしょうか。

+++++++++++

では、本題です。

今日の東京市場は
円が売り直される展開となりました。

日経平均株価が概ねプラス圏で
推移したことなどが支援材料となり、
行き過ぎた円高進行に一旦調整が入った模様です。
 
ドル/円相場は
89円40銭レベルから早朝の取引を開始。
9時半頃に89円20銭付近まで軟化する
場面もありましたが、15時前には
89円80銭レベルまで上昇。
昨日の高値に近づく動きを見せました。

ユーロ円相場も
東京市場では買戻しの動きが優勢となりました。
117円台後半から119円50銭レベルまで
一時150ポイント以上もの上昇を見せています。(16:00)

===========

■今夜の主な予定\n
19:00 欧・11月鉱工業生産
22:30 米・12月輸入物価指数
22:30 米・12月小売売上高
22:30 米・12月小売売上高
22:30 米・フィラデルフィア連銀総裁、米経済見通しについて講演
24:00 米・11月企業在庫
27:00 米・ミネアポリス連銀総裁、講演
28:00 米・ベージュブック公表\n

昨日も書きましたが、
マーケットは再びリスク回避のムードに
支配されています。

オバマ次期政権が打ち出す景気対策に対しても
具体策に乏しいといった声が強まっているほか、
TARP資金の残りの活用法についても
はっきりしない状況が続いています。

こうした状況下、
5日続落となっているNYダウが
反発できるのかどうか注目です。

今夜も株安が進行するようですと、
ドル円、クロス円は買戻しが入ったとしても
上値を抑えられる展開となるでしょう。
 


ドル/円は、ここ1週間続いた円高の流れも一服。

しかし、テクニカル的には
一目均衡表の雲・転換線・基準線、
それから21日移動平均線など
主要なポイントをすべて下回る水準で推移しており、
依然として上値の重い展開が続くものと思われます。

この先、買戻しが入った場合には
昨日の高値89円90レベルを越えて90円台に乗せられるのか、
まずは注目です。その上は、おとといの高値90円30レベルが
意識されるでしょう。

一方、下値のポイントは
昨日の安値88円80を割り込まずに
推移できるのか見ていきたいところです。

では、また明日お会いしましょう。

プロフィール

トレイダーズ証券(株)
マーケティング企画部マーケティング企画課 及川佳奈子さん

大学卒業後、大手信託銀行を経て2003年6月にトレイダーズ証券入社。
学生時代の自身の投資経験と、信託銀行時代に培った外国株式の知識を活かし、トレイダーズ証券入社後は一貫して市場分析に携わる。人気コンテンツ「さと子先生に聞くウワサのFX徹底検証」やトレイダーズTVなどを担当。海外通信社からの取材を受けるなど、英語能力を活かした現地情報の収集力には定評がある。

トレイダーズ証券の資料請求・口座開設はこちらから

ソーシャルブックマークへ投稿: | Yahoo!ブックマークに登録 | Hatenaブックマークに追加 | livedoorクリップへ追加 | newsingへ投稿 | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | Choixへ追加 | del.icio.usに追加 |

| トラックバック (0)

ページトップへ