及川佳奈子のきらりFX生活 -トレイダーズ証券-

2009年1月26日

米住宅市場の厳しい状況に変化がないか確認

こんばんは。

また一週間が始まりました。
今週は週末にセミナーもありますので、
風邪をひかないように
頑張っていきたいと思います。

今週も一週間、よろしくお願いします。

+++++++++++

では、本題です。

今日の東京市場は
ドル円、クロス円とも
買戻しの動きが先行したものの
先週末の高値を前に戻しきれない
状況が続きました。

ドル/円相場は
午前中に88円30レベルから
89円30レベルまで約1円買戻しが入りました。
しかし、日経平均株価が先物を主導に
引け際急落したこともあり、14時過ぎ頃から下落。
一時88円50銭付近まで売られました。

ユーロ/円相場も
朝方に113円75銭付近まで下げたあとに
115円50銭を越える水準まで値を戻しましたが、
夕方には114円10銭付近まで下落。
ただ、17時45分現在115円台前半まで
もう一度買戻しが入っている状況です。(17:45)

===========

■今夜の主な予定\n
19:00 欧・ゴンザレスECB専務理事、講演
21:30 米・キャタピラー、決算発表\n24:00 米・12月景気先行指標総合指数
24:00 米・12月中古住宅販売件数
24:30 米・1月ダラス連銀製造業活動
28:30 独・ウェーバー独連銀総裁、講演
30:30 米・テキサス・インスツルメンツ、決算発表\nN/A  米・アメリカン・エキスプレス、決算発表\n

今週は、FOMCや米GDPなど大きな材料が
週後半に控えています。

今夜は、そこまで大きな材料はありませんが
中古住宅販売件数が注目指標といえるでしょうか。

先週発表された建設許可件数と住宅着工件数は
ともに過去最低を記録しており、
アメリカの住宅市場の厳しさを示す内容となっていました。
販売件数のほうもそうした状況を裏付ける数字となるのか
見ていきたいところです。

また、オバマ大統領就任後も
NY株式市場はなかなか上向かない状況が続いていますが、
今週も世界の株式市場は上値の重い展開となるのか注目です。

株式市場の上値が重ければ、
ドル円、クロス円は引き続き
戻りを叩かれるような相場展開となる可能性が高いでしょう。



ドル/円の日足チャートです。

安値圏でもみ合っていることがわかります。
短期的には、チャート上に示しました下降トレンドラインを
上抜けることができるのか、注目です。

中期的には、1月21日につけた安値87円15レベルと
90円の大台、どちらをブレイクするのか見ていきたいところです。

では、また明日お会いしましょう。

プロフィール

トレイダーズ証券(株)
マーケティング企画部マーケティング企画課 及川佳奈子さん

大学卒業後、大手信託銀行を経て2003年6月にトレイダーズ証券入社。
学生時代の自身の投資経験と、信託銀行時代に培った外国株式の知識を活かし、トレイダーズ証券入社後は一貫して市場分析に携わる。人気コンテンツ「さと子先生に聞くウワサのFX徹底検証」やトレイダーズTVなどを担当。海外通信社からの取材を受けるなど、英語能力を活かした現地情報の収集力には定評がある。

トレイダーズ証券の資料請求・口座開設はこちらから

ソーシャルブックマークへ投稿: | Yahoo!ブックマークに登録 | Hatenaブックマークに追加 | livedoorクリップへ追加 | newsingへ投稿 | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | Choixへ追加 | del.icio.usに追加 |

| トラックバック (0)

ページトップへ