トレイダーズ証券 FXチームによる FX マーケットウォッチ

2009年7月の為替相場予報

2009/7/30 木

中国と商品と豪ドル
昨日は中国政府がバブル阻止に向けて投資制限に動くとの観測を背景に、中国株が大幅下落となりました。主要株式指数の上海総合指数は今年最大の下落幅となっています。(チャートはBloomberg)世界経済の牽引役として人気を集め… [続きを読む]

2009/7/24 金

米ドル/円は200日移動平均線が抵抗に
こんばんは。トレイダーズ証券 FX事業部です。前回の記事でチェックした「ロイター・ジェフリーズCRB指数」は、その後抵抗線を上抜けて一段の上昇を見せています。(チャートはBloomberg)強気の商品相場が戻ってきており… [続きを読む]

2009/7/18 土

商品価格は再度上昇に転じたのだろうか
こんばんわ。トレイダーズ証券FX事業部です。本日は商品価格に着目して「ロイター・ジェフリーズCRB指数」をチェックしてみたいと思います。以前ご紹介したとおり、商品価格全体の動向を知る際に便利な指数です。株式指数ど同様に6… [続きを読む]

2009/7/14 火

豪ドル/円は重要な長期サポートを割り込む
豪ドル/円は今年2月の安値を起点とする、長期サポートラインを先週に割り込みました。(下図チャートの赤いライン) (チャートはBloomberg)目下、週足のチャートは雲の中で往来しており、現在は雲の下限で支えられている状… [続きを読む]

2009/7/ 9 木

本日のテクニカルポイント
おはようございます。本日のピボットテクニカルポイントをお送りします。▼▼数字の見方▼▼一般的には、[S1]や[S2]まで価格が接近したら買い、[R1]や[R2]に価格が接近したら売りと判断します。一方、[LBOP]と[H… [続きを読む]

2009/7/ 8 水

TRADERS FXがいよいよスタートします!
こんにちは。トレイダーズ証券です。いよいよ7月10日より、新FXシステムTRADERS FXが始まります!TRADERS FXは今後のレバレッジ規制を想定してレバレッジ50倍以下のコースを9種類ご用意していることに特徴が… [続きを読む]
本日のテクニカルポイント
おはようございます。本日のピボットテクニカルポイントをお送りします。▼▼数字の見方▼▼一般的には、[S1]や[S2]まで価格が接近したら買い、[R1]や[R2]に価格が接近したら売りと判断します。一方、[LBOP]と[H… [続きを読む]

2009/7/ 7 火

本日のテクニカルポイント
おはようございます。 本日のピボットテクニカルポイントをお送りします。 ▼▼数字の見方▼▼ 一般的には、[S1]や[S2]まで価格が接近したら買い、[R1]や[R2]に価格が接近したら売りと判断します。 一方、[LBOP… [続きを読む]

2009/7/ 6 月

本日のテクニカルポイント
おはようございます。本日のピボットテクニカルポイントをお送りします。▼▼数字の見方▼▼一般的には、[S1]や[S2]まで価格が接近したら買い、[R1]や[R2]に価格が接近したら売りと判断します。一方、[LBOP]と[H… [続きを読む]

2009/7/ 3 金

本日のテクニカルポイント
おはようございます。 本日のピボットテクニカルポイントをお送りします。 ▼▼数字の見方▼▼一般的には、[S1]や[S2]まで価格が接近したら買い、[R1]や[R2]に価格が接近したら売りと判断します。一方、[LBOP]と… [続きを読む]

2009/7/ 2 木

本日のテクニカルポイント
おはようございます。 本日のピボットテクニカルポイントをお送りします。 ▼▼数字の見方▼▼一般的には、[S1]や[S2]まで価格が接近したら買い、[R1]や[R2]に価格が接近したら売りと判断します。一方、[LBOP]と… [続きを読む]
ドル円はレンジ相場が継続するか?
先週〜今週ここまでのドル円相場は、95円割れを数回試したものの現在は反発して96円半ば水準。   95円台での底堅さが印象的な動きとなりました。   上昇に転じた米ドル円ですが、上を見上げてみると昨年… [続きを読む]

2009/7/ 1 水

本日のテクニカルポイント
おはようございます。本日のピボットテクニカルポイントをお送りします。▼▼数字の見方▼▼一般的には、[S1]や[S2]まで価格が接近したら買い、[R1]や[R2]に価格が接近したら売りと判断します。一方、[LBOP]と[H… [続きを読む]

【金融商品取引業者の商号】
トレイダーズ証券株式会社
代表取締役社長 橋本 清志
〒106‐6029東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー 34階
電話03-5114-0333(代表) FAX03-5114-0300
【金融商品取引業登録】
関東財務局長(金商)第123号
【FX取引のリスクについて】
●為替相場の変動や金利変動などの要因により、損失が生じる恐れがあります。また、発生する損失の額は、預託された資金額を超える場合があります。●お取引金額は、通常お預け入れされている証拠金よりも大きいため、預託資金額に対して大きな収益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性があります。●レバレッジ倍率は、通貨価格に取引単位を乗じた額を必要証拠金で除した率となります。●弊社、東京金融取引所またはこれらの分別保管先の信用状況が悪化することによって、預託された資金の全部または一部の返還を受けることができなくなる可能性があります。
【加入金融商品取引業協会】
社団法人金融先物取引業協会/日本証券業協会

ページトップへ