トレイダーズ証券 FXチームによる FX マーケットウォッチ

モーニングレポート〜昨夜の海外市場から〜 (2011/3/11 金)


10日海外為替市場の動き
〜かんたんサマリー〜

欧州通貨は軟調。ムーディーズによるスペインの格下げや、イングランド銀行(BOE)が政策金利および資産購入枠ともに据え置いたこと、5月前の利上げ期待が後退したことから、ユーロ、ポンドは売り優勢の展開となった。また、NYダウ平均が200ドル超の大幅安となったことでリスク回避的な動きが強まったことも、ドル買い・ユーロ売りを後押しした。

〜流れをくわしく〜
ロンドンタイム午前、ユーロは売り一巡も戻りは鈍い展開。格付け会社ムーディーズによるスペイン格下げを受けて売りが強まっていたユーロだが、ロンドン勢の本格参入後は戻りを試す展開に。ドルインデックスが上昇一服で押し戻されたことも後押しとなったもようだが、欧州株が軒並み軟調になっていることも上値を重くし、戻り幅自体は限定的なものにとどまった。ユーロドルは、スペイン格下げ発表後に1.3804ドルまで下落した後は下げ渋る展開に。その後はドルインデックスが伸び悩み押し戻されたこともあり戻りを試したものの、欧州ソブリン問題の不透明感がぬぐえないなかで戻り余地も限定的で、1.38ドル半ばまでにとどまった。ユーロ円についても114.33円まで下落後は買い戻しが入ったが114.80円近辺までとなった。そのほか、ポンドも売り一巡後は戻す展開に。英金融政策委員会(MPC)による政策金利発表などを控えて動きにくさはあったが、英1月鉱工業生産および同製造業生産の結果がともに予想を上回ったことが後押しとなり買い戻される展開に。ポンドドルは1.6123ドルまで下落後は1.6190ドル近辺へ、ポンド円は133.46円まで売られた後は134.20円台まで上昇し本日高値134.26円に迫った。ドル円についてはドルインデックスが押し戻されたことから、上値の重さも見受けられたが、クロス円が買い戻されるなかで底堅く推移し82.97円まで上昇、狭いレンジのなかで本日高値を更新する動きとなった。ロンドンフィックスにかけては、資源国通貨が軟調に。中国の貿易収支の下ぶれが懸念されるなか、米国・カナダの貿易収支も予想を下回ったことが加わり、世界経済の持ち直しへの期待が後退したようだ。ダウ平均が一時200ドル以上の大幅下落となったほか、金・原油先物価格が下落幅を拡大したことを受けて、資源国通貨は徐々に上値が重くなった。豪ドル/ドルは2月23日以来のパリティ割れとなる0.9992ドルまで下押しした。豪ドル円も82.97円まで下げた。また加ドルも軟調な動きとなり、ドル/加ドルは0.9767ドル、加ドル円は84.98円までそれぞれ加ドル売りが進んだ。
ユーロドルも上値の重い展開に。米格付け機関ムーディーズによるスペインの格下げの影響が続いたほか、独紙が「メルケル首相がEU共同債の発行について否定的な立場である」と報じたことも重しとなり、1.3792ドルまで下落した。そのほか、ポンドドルも軟調に。BOEが政策金利および資産購入枠ともに据え置いたことで、利上げ期待がいったん後退したことから売りが優勢となった。ポンドドルは1.6039ドル、ポンド円は133.06円までそれぞれ下げた。こうしたドル買い・他通貨売りの影響から、ドル円は上昇幅を拡大。83.00円の実需の売りのほか、83.10円に観測された米系短期のストップ買いをこなして一時83.17円まで上昇幅を広げた。ただ、クロス円が株安で上値が重くなったことから、上昇幅は限られた。
ダウ平均株価:11984.61(前日比:-228.48)

ソーシャルブックマークへ投稿: | Yahoo!ブックマークに登録 | Hatenaブックマークに追加 | livedoorクリップへ追加 | newsingへ投稿 | BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク | Choixへ追加 | del.icio.usに追加 |

トラックバック (0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: モーニングレポート〜昨夜の海外市場から〜

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/13445

【金融商品取引業者の商号】
トレイダーズ証券株式会社
代表取締役社長 橋本 清志
〒106‐6029東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー 34階
電話03-5114-0333(代表) FAX03-5114-0300
【金融商品取引業登録】
関東財務局長(金商)第123号
【FX取引のリスクについて】
●為替相場の変動や金利変動などの要因により、損失が生じる恐れがあります。また、発生する損失の額は、預託された資金額を超える場合があります。●お取引金額は、通常お預け入れされている証拠金よりも大きいため、預託資金額に対して大きな収益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性があります。●レバレッジ倍率は、通貨価格に取引単位を乗じた額を必要証拠金で除した率となります。●弊社、東京金融取引所またはこれらの分別保管先の信用状況が悪化することによって、預託された資金の全部または一部の返還を受けることができなくなる可能性があります。
【加入金融商品取引業協会】
社団法人金融先物取引業協会/日本証券業協会

ページトップへ