ズバリ JFX株式会社 小林芳彦の為替マーケット

RSSリーダーに登録

お知らせ

« Nzd,Cad,SF 為替市場展望 (11月3日分) 11月6日 | トップ | 今週の為替市場展望 11月6日 »


午後の東京為替市場展望 11月6日

午後の東京為替市場展望 11月6日
 
本日もよろしくお願い申し上げます。
元気に為替相場と格闘いたしましょう。
 
本日 朝10:54AMに予想したレンジ  
ドル円     117.70(117.85)-- 118.30(118.50)
ユーロドル   1.2660(1.2680)-- 1.2735(1.2750)
ユーロ円    149.70(149.85)--(150.20)150.35
ポンド円    223.75(224.00)-- 224.70(225.00)
ポンドドル    1.8950(1.8975)-- 1.9045(1.9065)
豪ドル円     90.55(90.70)--(91.15)90.25
豪ドルドル    0.7655(0.7670)-- 0.7720(0.7735)
本日 午後0:02PMに予想したレンジ 
ニュージー円   78.70(78.80)-- 79.25(79.40) 
ニュージードル 0.6645(0.6670)--(0.6715)0.6730 
カナダ円   (103.90)104.05 -- 104.65(104.80)
ドルカナダ   (1.1265)1.1280--(1.1325)1.1245 
スイス円     93.80(93.95)--(94.20)94.30
ドルスイス     (1.2485)1.2510--(1.2570)1.2600 
  
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
 
コメント作成時ドル円    118.04-07
10:54AM   ユーロドル   1.2705-10
       ユーロ円    149.98-03
       ポンド円    224.35-43   現状 1.9010-15 10:40AM
       豪ドル円    90.85-90  現状 0.7697-02 10:44AM  
コメント作成 ニュージー円   78.96-04  現状 0.6693-98 11:34AM
0:02PM    カナダ円    104.34-42  現状 1.1305-10 11:41AM
       スイス円     94.06-14  現状 1.2539-44 11:46AM
------------------------------------------------
<本日午前 東京市場の動き>
 
ドル円はシドニー時間に118.15の高値を付けましたが、商品投資顧問系と言われる海外勢のドル売りに値を崩し 118.00割れへ。東京がスタートする前に118.00を割って 東京オープンは117.93。直後にストップ的な売りもあって117.85−80から一気に117.79まで下がりましたが、下値では 本邦の押し目買い意欲が強くドル円は急激に上昇する結果となって、仲値が決まったあと戻り高値は118.11までタッチ。しかし・・・・・
その後午前10時半過ぎから今まで 118.02−08でしか値段が付かず 
完全に死んだ市場となっています。
 
ユーロドルは1.2718から1.2713まで下がった後 上値を1.2723まで伸ばしましたが、東京がスタートしてからはドルが全般的にビッドとなった関係でユーロドルは反落。安値は1.2707まで下がっていますが、全体的には小動きとなっています。
 
ユーロ円はドル円の動きに連れて高値150.18から利食い売りなどで値を崩し東京オープン時に150.00を割って149.96でスタート。直後に149.87まで下落しましたが ドル円の切り返しにつれる形で ユーロ円も急激に150.11まで上昇。その後急速に 動意がなくなり 149.99−150.04での取引となっています。
 
ドル円が116円台から急に118円台まで戻して 安堵した人たちが多かったのではないかと思います。自分の相場観も 116.50が切れたら大きく下落するリスクはあったものの、基本はドル押し目買いで見ていましたので イメージ的にはブル目で付いて行く方針で考えています。
 
11月2日の午後に以下のようなコメントを書きました。
  このところ、米経済指標でぶれる相場が続いているため、大きな
    ポジションを雇用統計を挟んで持ち越したくないインターバンクは 
  短期ショートポジションの買戻しと 長期のドルロング(円ショート)
  の解き売りをどのタイミングで出すかどうかを思案中でしょうか。
  長期の観点から見た場合には116.50割れよりは 115.45−50が割
  れたら一斉にドルロングから撤退する連中が多いはずです。たら・
  ればで言えば116.50が割れるとオプションがらみの売りが出て更
  に下落基調が鮮明となって行くはず。
  自分は押し目買いスタンスで考えていて、買った後、下がっても一
  旦ロングを切って再び買い戻すことで、買い持ちコストを少しでも
  良くする回転を行い 上昇を待つイメージで見ているのですが、
  115.45-50が切れたら 完全にロングから  撤退せざるをえない
  チャートとなっています。
 
結果的には116.50が割れずに 10月13日の高値119.88と11月1日の116.57の下落 3.31の半値戻しは118.225、 61.8%戻しは118.616 ここのポイントをどうこなすかで今後の動きがある程度予想できるような気がしています。今はドル円は押し目買い、基本的にクロス円も押し目買い方針で見ています。
 
現状   ドル円       118.05-08 
     ユーロドル     1.2703-08  
     ユーロ円      149.97-02
     ポンド円      224.31-39 
     豪ドル円       90.85-90
     ニュージー円    78.94-02
     カナダ円      104.36-44
     スイス円          94.05-13
  
コメント作成時 2:29PM
  
アクロスFX 株式会社
小林 芳彦 
TEL:03-5484-0314
FAX:03-5484-0606


本レポートは断定的な判断を提供するものではありません。
売買のご判断はご自身で行って下さい。

| http://www.wakaru-fx.jp/blog/zubari/2006/11/116.html| コメント (0) | | トラックバック (0)


トラックバック&コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9159

コメントを投稿

ページトップへ