ズバリ JFX株式会社 小林芳彦の為替マーケット

RSSリーダーに登録

お知らせ

« Nzd,Cad,SF 為替市場展望 2月13日 | トップ | 今週の為替市場展望(Nzd,Cad&SF ) 2月13日 »


午後の東京為替市場展望 2月13日

午後の東京為替市場展望 2月13日
 
本日もよろしくお願い申し上げます。
元気に為替相場と格闘いたしましょう。
 
本日 朝11:13AMに予想したレンジ 
  ドル円   121.20(121.35)-- 121.95(122.15)作成時 121.64-67 10:32AM
 ユーロドル 1.2910(1.2930)--(1.2975)1.3000 作成時 1.2958-63 10:37AM
 ユーロ円   157.10(157.45) -- 157.90(158.20)  作成時 157.51-56 10:44AM
 ポンド円  (236.15)236.35 -- 237.50(237.85) 作成時 236.60-68 11:07AM
 ポンドドル   1.9400(1.9445)-- 1.9510(1.9545)作成時 1.9475-80 10:51AM
 豪ドル円   93.50(93.60)-- 94.20(94.35) 作成時  93.88-72 11:11AM
 豪ドルドル  0.7680(0.7700)-- 0.7740(0.7755)作成時 0.7720-25 10:56AM
本日 午後0:43AMに予想したレンジ 
  NZ円     82.55(82.70)-- 83.35(83.50) 作成時  82.96-04  0:31PM
 NZドル      0.6780(0.6800)-- 0.6880(0.6900) 作成時 0.6835-40  0:19PM
 カナダ円   (102.75)103.10 --(103.55)103.75 作成時 103.27-35   0:36PM
 ドルカナダ 1.1700(1.1730)-- 1.1785(1.1815)作成時 1.1754-59  0:22PM
 スイス円    96.50(96.70)-- 97.15(97.30) 作成時  96.86-94  0:42PM
 ドルスイス  1.2490(1.2510)--(1.2555)1.2570 作成時 1.2526-31  0:28PM 
  
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
 
コメント作成  ドル円              121.44-47 割れましたね
11:13AM     ユーロドル      1.2956-61
             ユーロ円       157.38-43 
             ポンド円       236.56-64   
             豪ドル円        93.75-80   
コメント作成 ニュージー円         82.93-01
0:43AM    カナダ円           103.24-32
        スイス円             96.86-94
---------------------------------------------------- 
<本日午前 東京市場の動き>
 
ドル円は121.96から 米国債償還・利金払いに関するドル売りが出る
との話が広がり午前11時過ぎにかけて 121.34まで下落しましたが、
121.30台では下げ止まっています。
 
ユーロドルは1.2970を高値に 午前11時にかけて 1.2955まで反落
しましたが、基本的には小動き推移。
 
ユーロ円もユーロ債の償還・利金で売りが出るとの話があり 158.14
を高値に157.29までほぼ一方向に下落。
 
昨日のG7明けの月曜日、会社に来て コメントをアップしPFや 
レンジをチェック・記入していたのですが、考えたほど円が売られ
なかったなというのが 朝からの第一印象。みんなが既に少額ずつ 
円売りを持っていたんでしょうけど、如何せん世界中で考えれば
人数が多くて 合計円ショート金額は莫大なものに上っていたことが
考えられます。
また、今回 早めにドイツのシュタインブリュック財務相が
  「円が輸出セクターに悪影響を与えているという兆候はない」
  「円安がドイツの貿易に悪影響を与えるとは考えていない」 
と発言したことで、先週金曜日深夜0時ぐらいからNYの午後にかけて
いくらでも 円ショートを事前に作れた環境にあったことが、更に
円売りポジションを膨らませる環境を作ったと言えます。
 
結果、思ったほど円安が進行せず、早めの利食い、ならびに遅れた
利食いが出て、クロス円は海外時間に(予想に反し)下落、ドル円も
昨日は121.50が割れなかったものの、今日は121.34まで下落し、
円売りしていたら やられてしまう動きとなっています。
ユーロ円やポンド円の下落幅が大きく、目先は上値が重たい展開と
なりましたが、何処までもこのまま下がるわけではなく、引きつけて
買場探しをした方が良い通貨と目先売り回転させる通貨と 2極分化
していくと思われます。
 
現状    ドル円       121.41-44 
     ユーロドル      1.2964-69    
     ユーロ円           157.42-47
     ポンド円            236.70-78
     豪ドル円            93.92-97
     ニュージー円         83.07-15
     カナダ円            103.29-37
     スイス円             96.93-01
  
コメント作成時 2:31PM
  
アクロスFX 株式会社
小林 芳彦 
TEL:03-5484-0854
FAX:03-5484-0606
 
このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を
促すものではありません。お取引における最終的な判断は、
お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる
一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート
中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する
義務を負いません。著作権はアクロスFX株式会社に帰属し、
無断転載を禁じます。
 

本レポートは断定的な判断を提供するものではありません。
売買のご判断はご自身で行って下さい。

| http://www.wakaru-fx.jp/blog/zubari/2007/02/213-1.html| コメント (0) | | トラックバック (0)


トラックバック&コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9413

コメントを投稿

ページトップへ