ズバリ JFX株式会社 小林芳彦の為替マーケット

RSSリーダーに登録

お知らせ

« 海外為替市場展望 2月19日 | トップ | Nzd,Cad,SF 為替市場展望 2月20日 »


朝の東京為替市場展望 2月20日

朝の東京為替市場展望 2月20日
 
おはようございます。
本日もよろしくお願い申し上げます。
元気に為替相場と格闘いたしましょう。
  
昨日 朝10:30AMに予想したレンジ 
 ドル円   (119.00)119.25 --(119.65)119.85 作成時 119.41-44   9:58AM
 ユーロドル 1.3100(1.3120)--(1.3170)1.3195 作成時 1.3150-55  10:04AM
 ユーロ円 (156.50)156.75 -- 157.30(157.50)作成時 157.00-05  10:09AM
 ポンド円  232.40(232.80)-- 233.85(234.20)作成時  233.10-18   10:24AM
 ポンドドル 1.9450(1.9480)-- 1.9545(1.9590)作成時 1.9526-31  10:15AM
 豪ドル円   (93.60)93.80 -- 94.25(94.40)  作成時  94.04-09  10:29AM
 豪ドルドル(0.7830)0.7850 --(0.7895)0.7915 作成時 0.7878-83  10:18AM
  
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
 
コメント作成  ドル円            119.41-44
10:30AM    ユーロドル        1.3148-53
              ユーロ円         157.00-05
              ポンド円          233.18-26
              豪ドル円      94.04-09 
   
赤字は実際のレンジ(下記参照)と15ピップス以内であった予想値
昨日24時間のドル円インターバンク・レンジ  2007年2月19日分
 
ドル円            Open        High        Low         Close 
Asia              119.37      119.61      119.23    
London  Winter Time           119.73      119.44    
北米  Winter Time             119.74      119.49      119.55  
昨日24時間のユーロドル・ユーロ円インターバンクレンジ 
                  Open        High        Low         Close 
ユーロドル        1.3148      1.3164      1.3123      1.3155  
ユーロ円          156.95      157.48      156.85      157.27  
ポンド円・豪ドル円 参考値ビッド  対ドルはインターバンク・レート 
                  Open        High        Low         Close 
ポンド円          233.03      233.80      232.11      233.25  
ポンドドル                    1.9567      1.9432    
豪ドル円           93.96       94.21       93.79       94.00  
豪ドルドル                    0.7886      0.7846    
         
海外株式          Close      前営業日比        前営業日引け   
NY Dow            Closed     #VALUE!           12,767.57   
S&P               Closed     #VALUE!            1,455.54   
Nasdaq            Closed     #VALUE!            2,496.31   
Dax              6,987.08      30.01            6,957.07   
FT               6,444.40      24.90            6,419.50   
         
NY金先物        Closed     #VALUE!     672.80  COMEX4月限
NY原油先物        Closed     #VALUE!      59.39  NYMEX3月限
  2月5日よりNY金先物、限月4月に変更      
 
-----------------------------------------------
16:17
塩崎官房長官
  「金融政策決定会合では、中銀として経済情勢を分析し、適切な
      決定をして欲しい」
  「金融政策は日銀が決めること、われわれがどうこう言う話
   ではない」
  「マクロ経済、政府と日銀は基本的な考えを共有している」
17:36
藤井財務次官
  「日本経済は内需主導に持続的回復が続いている」
  「経済指標・景気認識は1月と基本的に変わりない」
  「日銀会合での議決延期請求権、コメント控えたい」
  「金融政策決定は日銀の判断、一定の過程でコメントはしない」
  「日本経済は民需中心に回復続けている」
17:46
安倍首相
  「政府・日銀はしっかりと政策について意思の疎通を図っている」
  「金融政策は日銀がリスクなど総合的に判断し適切に決める
  「金融政策は日銀の専管事項」
  「物価・経済状況・リスクなど総合して日銀は適切に判断する
   と思う」
17:57
中川自民党幹事長
  「日銀が持つ政策手段についてはコメントしない」
  「政府・日銀は景気判断など共有しているのではないか」
19:17
イングランド銀行(英中央銀行)  議会委員会へ提出したリポート
  「インフレ率は1990年代の目標導入以降、非常に低水準かつ安定
   して推移してきたが、こうした良好な環境は長続きしない
   かもしれない」
  「経常収支は最終的には均衡化する必要があり、そのために、
   実質実効為替レートの下落が必要になる」
  「資産価格が大幅に上昇すれば、将来の調整リスクが高まる 
   可能性がある」
  「原則的に政策担当者はこの可能性を考慮する必要があり、従って
   利上げを決定し、将来的にインフレ目標を達成するチャンスを
   増やすために短期的には目標を下回らせる可能性がある」
  「さらにまた、政策担当者は財政不均衡の回避に尽力しながら、
   将来のインフレと生産の不安定な推移を抑制しようとすべき。
   しかし実際にその様な行動をとることは、資産価格の上昇要因
   をめぐる不透明性から考えて困難」
    **リポートを受け、中銀が中期のインフレ圧力抑制のために
     数カ月以内に再び利上げに踏み切るとの観測が強まった。
  「世界経済については、経常収支の不均衡パターンや低水準の
   実質金利など、一部に持続不能な側面がみられる」
2月20日 00:30
ドイツ連邦銀行
  「キャリートレードが相場に及ぼす影響は大方の見方ほど大きく
   ない可能性がある」
  「計量経済学モデルによれば、国際投資家の投機的活動によって
   為替相場が動かされるとの結論を導くことはできない」
2月20日 02:40
ドイツ連邦銀行
  「原油価格下落やユーロ高により短期的な物価圧力は緩和した
   ものの、ユーロ圏において依然インフレリスクが残る」
  「短期的な物価見通しは原油価格下落や外国為替市場における
   ユーロ高によりある程度緩和された」
  「同時に、ユーロ圏における全般的需要の伸びを背景に、国内
   価格をめぐる危険は増加傾向にある。(物価)安定のリスク、
   とりわけ、賃金に関するリスクは、ここ数年の急速な雇用の
   伸びを背景に高まった」
  「力強い信用の伸びによるマネーサプライの急速な伸びも、
   追加的なリスク」
2月20日 02:10
ドイツのグロース経済技術相
  「円安が日本の自動車業界に利点を供与しており、ドイツをはじめ
   欧州の自動車業界の競争力という点からして、円安は懸念事項 
   懸念材料」
 
<昨日海外の動き>
 
ドル円は東京時間は基本的には 119.50以下で静かな揉み合いが続いて
いましたが、午後5時を回って海外勢が ドルのショートカバーで119.73
まで買いあがりました。しかしながら、ユーロドルの下落に伴うユーロ
円の下落でドル円の上昇は食い止められ逆に119.44まで午後7時半に
かけて反落しました。
このユーロ円の下落は ポンドの下落に引っ張られたもの。
119.40台では ドル円のビッドが厚くジワジワと119.64まで買戻しが入り、
その後は119.50台〜70台での揉み合いに終始。高値は午前3時前の119.74
で 引け前に一寸垂れて、クローズは119.55でした。
 
ユーロドルは1.3160台が重たく午後4時過ぎからは1.3150‐55に売りが
下りてきた印象がありました。一旦1.3134まで午後6時ぐらいに下落して、
午後7時にかけて1.3149まで戻しましたが、英中銀の議会委員会に提出
したレポートを材料にポンドが急落。ユーロドルが連れて下落し、
ユーロ円が下落する展開となりました。
この動きでユーロドルも1.3123の安値をつけています。しかしポンド
ドルが薄い中 値を戻すと ユーロドルも連れて1.3160まで 上昇し、
ほぼ全値戻しをする展開。引けは1.3155でした。
 
ユーロ円は午後4時半にかけて156.88まで下落するも、朝方の安値
156.85まで届かず。午後7時前に 157.35までショートカバーが
入りました。その後 上記のポンド下落に端を発したユーロ下落の
影響で 156.86までストレートダウンしましたが、これも朝方の
安値156.85には1銭届かず 157.20まで反転・上昇。
これで下値が充分固いことが判り、NY市場休場の閑散な相場の中、
ショートカバーで157.48まで上昇し、157.27で クローズしています。
-----------------------------------------------
日銀政策決定会合の結果が出るまでは動けずですねぇ。
明日の午前11時半から午後1時半にかけて、市場は 日銀の動向に目を
凝らしています。
 
<本日の予想>
 
短期(1日程度)売買方針 2007年2月20日
    
通貨ペア    方針      参入レベル    利食い    損切り
ドル円   下がれば買い  119.50・119.40  119.85-90    119.00
ユーロドル やるなら買い!?   1.3130     1.3175     1.3090
ユーロ円  押し目買い   157.20・157.05  157.65,157.85  156.25
ポンド円  買いから    233.40・233.20  234.00(234.25)232.50
豪ドル円  下がれば買い  (93.75)93.65  94.25(94.35)  93.15

 
<本日予想レンジ>
 
 ドル円   119.35(119.50)-- 119.90(120.05)作成時 119.67-70  10:09AM
 ユーロドル 1.3115(1.3130)-- 1.3175(1.3195)作成時 1.3152-57  10:12AM
 ユーロ円 (157.05)157.15 --(157.65)157.85 作成時 157.44-49 10:16AM
 ポンド円  232.80(233.15)-- 234.00(234.25)作成時 233.69-77 10:30AM
 ポンドドル 1.9420(1.9455)--(1.9550)1.9585 作成時 1.9510-15  10:23AM
 豪ドル円   93.65(93.75)-- 94.25(94.40)  作成時  94.09-14 10:34AM
 豪ドルドル 0.7830(0.7845)--(0.7885)0.7910 作成時 0.7860-65 10:26AM
  
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
  
<ドル円> 下がれば買い
円がらみは動きにくい展開となっていますが、基本はドルの押し目買い。
119.55以下119.40にかけて、下げがあったら 少額買っておく方針。
                    119.68-71 10:08AM
  
<ユーロドル> やるなら 買い!?
1.31台の揉み合い。1.3130〜1.3175レンジの中で やるなら買い
ですかねぇ?
                    1.3152-57 10:11AM 
  
<ユーロ円> 押し目買い
ユーロ円は機能の値動きで156.85以下が固かった事で、若干ショート
カバー優勢のように思います。157.20以下、157.05にかけて押し目
買いして参入。利食いは157.65、抜けて157.85をイメージしており、
ロングは回転を効かす方針としたい。
                    157.42-47 10:15AM
  
<ポンド円> 買いから
対ドルは 昨日の下落後の買戻しで 下値でショートが少し しこった
可能性もあり1.9470以下、1.9455にかけてビッドが強いように見えて
います。まだ基本は揉み合いで方向感ははっきりしません。
ポンド円は急騰する感じはありませんが、ジワジワと上昇、234円台
に向けてゆっくりと下値を切り上げる展開に見えています。233円台
35‐40から下なら軽く買ってみて 234円に絡む水準、跳ねても
234.25まででは利食いするロング回転を意識しています。
                      233.80-88 10:28AM 
1.9420(1.9455)--(1.9550)1.9585 作成時 1.9510-15  10:23AM
  
<豪ドル円> 下がれば買い、(現状は様子見)
豪ドルドルは じりじりと上昇し 0.7900を突破する方向でイメージ
しています。0.7840台以下、買いから入って0.7900突破を待ちたい。
対円は93.75以下から買いから入りますが、94円台は様子見。
方向はジリ高で 押し目買いで入るべきと考えていますが、値幅は
狭そうで追いかけて買うと 苦労するような気が。下がるのを待ちたい。
                       94.07-12 10:33AM
0.7830(0.7845)--(0.7885)0.7910 作成時 0.7860-65 10:26AM
---------------------------------------------
<現状レート>
 
 ドル円            119.70-73
 ユーロドル        1.3159-64
 ユーロ円         157.55-60
 ポンド円          233.59-67
 豪ドル円       94.06-11  コメント作成時 10:36AM
      2007年2月20日
朝刊                移動平均線              一目均衡表      一目均衡表
通貨ペア    9日    21日    90日    200日    時間足 雲        日足 雲
ドル円    120.47  120.78  118.72  117.06  119.29 - 119.89  117.58 - 118.90 
ユーロドル1.3082  1.3020  1.2978  1.2837  1.3130 - 1.3131  1.3023 - 1.3047 
ユーロ円  157.64  157.30  154.10  150.30  156.73 - 157.42  153.73 - 155.55 
ポンド円  235.17  236.78  230.22  222.49  232.88 - 234.61  229.80 - 232.36 
豪ドル円   94.18   94.08   92.34   89.44   93.83 -  94.05   92.36 -  93.18 

               
アクロスFX 株式会社
小林 芳彦 
TEL:03-5484-0854
FAX:03-5484-0606
 
このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を
促すものではありません。お取引における最終的な判断は、
お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる
一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート
中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する
義務を負いません。著作権はアクロスFX株式会社に帰属し、
無断転載を禁じます。
 


本レポートは断定的な判断を提供するものではありません。
売買のご判断はご自身で行って下さい。

| http://www.wakaru-fx.jp/blog/zubari/2007/02/220.html| コメント (0) | | トラックバック (0)


トラックバック&コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9434

コメントを投稿

ページトップへ