ズバリ JFX株式会社 小林芳彦の為替マーケット

RSSリーダーに登録

お知らせ

« 今週の為替市場展望(Nzd,Cad&SF ) 2月5日 | トップ | Nzd,Cad,SF 為替市場展望 2月6日 »


朝の東京為替市場展望 2月6日

朝の東京為替市場展望 2月6日
 
おはようございます。
本日もよろしくお願い申し上げます。
元気に為替相場と格闘いたしましょう。
  
昨日 朝10:58AMに予想したレンジ 
  ドル円    120.50(120.70)-- 121.25(121.40)作成時 120.78-81 10:19AM
 ユーロドル 1.2920(1.2935)--(1.2970)1.2995 作成時 1.2953-58 10:26AM
 ユーロ円   156.15(156.45) -- 157.05(157.25)作成時 156.45-50 10:45AM
 ポンド円     236.75(237.15) -- 238.45(238.90)  作成時 237.36-44 10:47AM
 ポンドドル  1.9570(1.9615)--(1.9700)1.9730 作成時 1.9650-55 10:35AM
 豪ドル円    93.10(93.30)-- 93.85(94.00)  作成時 93.45-50  10:56AM
 豪ドルドル   0.7690(0.7710)--(0.7760)0.7785 作成時 0.7735-40 10:39AM 
 
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
 
コメント作成 ドル円             120.82-85
10:58AM    ユーロドル         1.2949-54
            ユーロ円          156.48-53
            ポンド円           237.41-49
            豪ドル円       93.44-49  
    
赤字は実際のレンジ(下記参照)と15ピップス以内であった予想値
昨日24時間のドル円インターバンク・レンジ  2007年2月5日分
 
ドル円            Open        High        Low         Close 
Asia              121.00      121.19      120.52    
London  Winter Time           120.88      120.27    
北米  Winter Time             120.64      120.24      120.34  
昨日24時間のユーロドル・ユーロ円インターバンクレンジ 
                  Open        High        Low         Close 
ユーロドル        1.2960      1.2967      1.2914      1.2929  
ユーロ円          156.84      157.00      155.47      155.59  
ポンド円・豪ドル円 参考値ビッド  対ドルはインターバンク・レート 
                  Open        High        Low         Close 
ポンド円          237.80      238.20      235.48      235.86  
ポンドドル                    1.9670      1.9537    
豪ドル円           93.68       93.84       93.24       93.36  
豪ドルドル                    0.7769      0.7726    
         
海外株式          Close      前営業日比      前営業日引け   
NY Dow         12,661.74        8.25       12,653.49   
S&P             1,446.99       -1.40        1,448.39   
Nasdaq          2,470.60       -5.28        2,475.88   
Dax             6,874.06      -11.70        6,885.76   
FT              6,317.90        7.00        6,310.90   
         
NY金先物        656.10        4.60      651.50  COMEX4月限
NY原油先物         58.74       -0.28       59.02  NYMEX3月限
  2月5日よりNY金先物、限月4月に変更      
 
-----------------------------------------------
17:51
財務省の藤井秀人次官
  「G7では各国のマクロ経済状況、金融・為替市場などについて、
   いつも通り議論が行われると思う」
  「各国の財務大臣らのあいだで、率直かつ建設的な議論が
   行われると思う」
23:25
ユーログループの議長を務めるルクセンブルクのユンケル首相兼財務相
  「週末の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で円相場に
   ついて協議することは確実」
  「G7声明で円について言及するかの判断は時期尚早」
01:11
イタリアのプロディ首相
  「ドルが対ユーロで軟調となっていることからも、円安が深刻
   な問題」
  「ドルが軟調なことを考慮すると、深刻な問題」
  「円だけではない。他の通貨に対する強いユーロが問題だ」
  「円安について、ユンケル首相兼財務相と協議した」
  「ユーロ圏13カ国がともに同問題に取り組む必要がある」
02:11
ウェーバー独連銀総裁      ブルームバーグテレビジョン
  「1月独消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったものの、
   インフレ見通しに変わりはない」
  「付加価値税(VAT)引き上げ後の1月のCPI速報値が前年比
   +1.6%の伸びにとどまったことでいくぶん安心した」
  「(インフレ見通しが変更したかについての質問に)変わりはない。
   指標は1月のインフレが例年ほど低下しなかったことを示したが、
   今後1年半ほどの見通しに変化はない」
  「独経済成長の伸びが今年は約+1.75%、2008年におよそ+2.0%に
   加速する見通し」
04:02
カナダの政府高官
  「主要国の為替レートは市場主導型であり、週末のG7で円相場
   は焦点にならない」
  「円と人民元について、9-10日にドイツのエッセンで開かれる
   G7では焦点にならない」
 
<昨日海外の動き>
 
欧州時間に120.52まで売り込まれた後、午後8時前にショートカバーで
120.88まで戻しましたがNYが参入してきてからも 120.60台が重たく
じり安の展開。ルクセンブルクのユンケル首相兼財務相の「週末の
7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で円相場について協議する
ことは確実」との発言があり、これも円買いに結びついた。
120.50を割り込んでストップが付き 120.27タッチ。戻りが120.48と
120.50に届かなかったことで 典型的にロングがしこっており 
ストップが出た水準を上回れない動きとなって120.24安値を擦りました。
その後も120.40レベルが重たく120.34でNYはクローズしています。 
朝方から120.00割れに並ぶストップロスを狙う動きが出て来ています。
ボディブローのように IMMの円ショートポジションが効いて来て
います。
 
ユーロドルは欧州の朝方ユーロ買いが強くなって 1.2932から1.2967
まで買戻しが入りました。その後ユーロ円下落、ポンド円下落にも
連られル形で ユーロが売られ始め1.2921まで下落。戻りが1.2937で
止められて、1.2914まで下落し安値をつけました。
しかし1.29台前半はソブリンの買いで崩せず再び1.2937まで買い戻し。
引けにかけては だらだらと緩み1.2920台で揉み合いの後 1.2929で
クローズしています。
 
ユーロ円は東京午後4時ぐらい 156.52を欧州時間の高値として 
その後は続落。156.00が割れてストップが出始め 155.50も瞬間
割り込み安値は155.47まで。大きく反発することなく、155.59で
NYはクローズしています。
-----------------------------------------------
<本日の予想>
 
短期(1日程度)売買方針 2007年2月6日
    
通貨ペア   方針        参入レベル           利食い       損切り
ドル円   売り先行   120.25・120.40  (120.03)119.85  120.85
ユーロドル 跳ねれば売り1.2955・1.2970  1.2915・1.2900    1.3010
ユーロ円  戻り売り   155.70・155.85  155.05(154.75)  156.50
ポンド円  売り参入   236.25・236.55  235.10(234.70)  237.25
豪ドル円  戻り売り    93.25・93.40       92.75          93.80

 
<本日予想レンジ>
 
 ドル円   119.60(120.00)--(120.40)120.55 作成時 120.12-15 10:11AM
 ユーロドル 1.2900(1.2920)--(1.2955)1.2970  作成時 1.2930-35 10:27AM
 ユーロ円  154.75(155.05)-- 155.75(155.95) 作成時 155.38-43 10:30AM
 ポンド円  234.70(235.00)-- 236.25(236.60) 作成時 235.57-65 10:48AM
 ポンドドル  1.9520(1.9550)--(1.9665)1.9690 作成時 1.9616-21 10:37AM
 豪ドル円   92.75(92.95)-- 93.40(93.55)  作成時  93.14-19  10:52AM
 豪ドルドル  0.7705(0.7725)-- 0.7770(0.7800) 作成時 0.7753-58 10:41AM
  
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
  
<ドル円> 売り先行だが、利食いは確実に
ドル円は120.00のDNT(ダブル・ノータッチオプション)を潰すべく 
インターバンクが下値トライする雰囲気がプンプンしています。割れる
か否かは 防戦がどれだけ強いか、攻めるインターバンクが本腰を
入れているかどうかにかかりますが、アジアでは力不足で溜まった
ショートカバーを欧州・ロンドン勢に狙われて一旦反発するも、流れは
下であり結局NYにかけて120.00が割れてしまう展開、又は 欧州で
一気に先にストップをつけて119円台後半から急反発する展開を
イメージしています。
120.25−30は売りで参戦するも、120円近辺、割れても確実に買戻しを
かけて様子を見た方が良さそうなイメージが湧いてきました。
                      120.15-18 10:09AM
  
<ユーロドル> 跳ねれば売り
ユーロドルは ユーロ円の下落の影響もあり 簡単には上がらない展開
を予想。1.2955〜1.2970は重たそうで 跳ねれば売りから参入する。
現在 1.2945が日足の一目均衡表の雲下限であり1.29台はミドルが
重たそう。
                      1.2932-37 10:14AM 
  
<ユーロ円> 戻り売り
下落リスク高い。155円台後半で売り参入し 155.00、154円台後半を
狙って売り回転させる。
156円台で取り残されているロングが多く残っている。156.50に
ストップを置いて155円台後半から売り攻め。
                      155.38-43 10:29AM
 
<ポンド円> 売り参入
対ドルは揉み合い基調が続き、方向感ははっきりせず。1.9550−1.9665
をコアにした揉み合いとなりそう。イメージが湧かず 参入は厳しい。
ポンド円を考えると ポンドドルも上値が重たそうだが、1.97台なら
売りからも入れそうですが、1.96ミドルは売りから入る決断がつきません。
ポンド円は236円台が重たく 238.20高値から235.48安値まで2円72銭も急落
したことで、ロングが完璧に取り残されてしまった感があります。
235.00が割れてくれば更なるストップが出る可能性が高く、ユーロ円の
下落と相まって ポンド円も下値トライする可能性が高いと考えます。
                      235.55-63 10:45AM
1.9520(1.9550)--(1.9665)1.9690 作成時 1.9616-21 10:37AM
  
<豪ドル円> 戻り売り
対ドルは上値が依然として重たく 0.7770、抜けて0.7800は売りが出て
来る展開が続くと考えています。
ただし下値も0.7725〜10はビッドも厚そうで急落には到らず。
ラウンドボトムをこれから形成して底打ちする可能性もあるため、
戻り売りのイメージを強く持ちすぎないようにして、0.7720レベルなら
0.7685にストップを置いて押し目買いから入っても良さそうな気が
します。
93円台半ばが重たく豪ドル円は下値リスクが高い展開と考えます。
93.35−45を売れたらいいのですが、そこまで戻らない場合には 
93.25でも売りから入り 92.75を目指すショート回転をさせた方が
良さそう。
                       93.13-18 10:49AM
0.7705(0.7725)−-0.7770(0.7800) 作成時 0.7753-58 10:41AM
---------------------------------------------
<現状レート>
 
 ドル円            120.13-16
 ユーロドル        1.2929-34
 ユーロ円         155.33-38
 ポンド円          235.67-75
 豪ドル円       93.15-20    コメント作成時 10:53AM
 
      2007年2月6日
朝刊                 移動平均線              一目均衡表          一目均衡表
通貨ペア    9日    21日    90日   200日       時間足 雲          日足 雲
ドル円    120.98  120.81  118.55  116.62   120.70  - 121.05   117.03  - 117.69 
ユーロドル1.2959  1.2954  1.2924  1.2820   1.2985  - 1.3005   1.2945  - 1.3200 
ユーロ円  156.82  156.53  153.23  149.54   157.17  - 157.17   153.38  - 155.75 
ポンド円  237.50  237.11  228.71  221.12   237.64  - 238.09   228.15  - 231.10 
豪ドル円   93.67   94.26   91.73   89.03    93.53  -  93.62    92.15  -  93.93 

               
アクロスFX 株式会社
小林 芳彦 
TEL:03-5484-0854
FAX:03-5484-0606
 
このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を
促すものではありません。お取引における最終的な判断は、
お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる
一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート
中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する
義務を負いません。著作権はアクロスFX株式会社に帰属し、
無断転載を禁じます。
 


本レポートは断定的な判断を提供するものではありません。
売買のご判断はご自身で行って下さい。

| http://www.wakaru-fx.jp/blog/zubari/2007/02/26.html| コメント (0) | | トラックバック (0)


トラックバック&コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9393

コメントを投稿

ページトップへ