テクニカルチャートについて、雑誌・テレビなどで活動しているマーケットアナリスト丸子和浩がわかりやすく解説。為替チャートの鉄人丸子和浩のわかるテクニカルチャート。

複数の外資系証券会社を経験し、現在は雑誌、テレビなどのメディアを中心に活動しているマーケットアナリスト丸子和浩が、外国為替証拠金取引に関連するテクニカルチャートを説明します。

2007年11月アーカイブ:わかるテクニカルチャート

第58回:変化日の算出

2007年11月29日

下記のチャートをご覧ください。 Aは33日、Bは38日、Cは55日ぐらいの日柄となっています。 この日柄が今後も継続すると仮定した場合、 1.Aの日柄を(1)からとった場合は、11月28日、29日前後...

第57回:変化日

2007年11月13日

変化日は、繰り返し起こる「基本数値」をある点(高値、あるいは安値など)からとった日としました。(対等数値) この基本数値は、9.17.26.33など決まりがあるのですが、基本的にはこだわる必要はありま...

第56回:「基本数値」と「対等数値」

2007年11月13日

一目均衡表においての変化日は、「基本数値」(日柄)と「対等数値」を総合して決まります。 下記のように、基本数値とは決まりごとです。(一目均衡表の開発者が長年の研究によって決定されました) 9 17 2...

第55回:一目理論上の時間論の位置付け

2007年11月 5日

一目均衡表の時間論は、時間的バランスを示唆します。 簡単に言うと、「上げに30日かかった場合、その調整にも30日かかるとバランスがいい」というようなことです。 ただ、変化日とは「高値をつける」とか、「...
  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指数
  • FX比較
  • マーケットニュース
  • サイトマップ

おすすめサイト

エフエックス・オンライン・ジャパン