高金利を満喫できる通貨の豪ドルとNZドルの動きをレポート

HOME > 気になる通貨のカン所 > オージー&キウイじっくりレポート

オージー&キウイじっくりレポート

年初来高値更新含みの展開だが、
「復活」の岐路に立つオージー(豪ドル)

(7月26日・マネーアンドマネー発)

豪ドル「オージー」が、対円での年初来高値更新含みの展開となってきた。最近の経済指標発表などから、8月利上げ確実との見方となってきたこと、一方で低金利の円で資金調達し、高金利通貨で運用するキャリー取引が再燃していることがおもな背景だ。いよいよオージー復活で一段高へ向かうのか。ただし、気になる高値警戒シグナルもいくつかある。

今年の実績からは、2つの高値警戒シグナルも

オージーの高値警戒シグナルその1は、「買われ過ぎ懸念」。シカゴIMM統計によると、オージー買い持ち(ロング)は、7月18日現在で2.8万枚に拡大した。今年に入ってオージーロングが3万枚程度に達したのは1月31日(2.9万枚)と5月9、16日(2.8−3万枚)の(AM9:00)2回あったが、ともにその前後でオージーはピークアウトしていた。

高値警戒シグナルその2は、「実効相場91の壁」。オージーの総合力を示す実効相場は、2月2日91.1、5月4日91.2といった具合に、今年に入ってから91がほぼ上限となっている。そんなオージー実効相場は、7月24日現在で90.1と、今週に入ってから90を超えているのである。

以上のように、今年に入ってからのオージーは、3万枚以上に買い持ち拡大となることはなく、また実効相場が91を大きく超えることは、少なくともこれまではなかった。そんな今年の実績からすると、オージー買いはすでに限界に近い段階にあるということになる。

8月利上げと円キャリー拡大で、強まるオージー高期待

26日発表された豪州第2四半期消費者物価は前期比1.6%(予想コンセンサス同1%)、前年比4%(同3.4%)となり、これを受けて来週の豪州利上げはほぼ確実との見方になっている。

ただでさえ、最近にかけて低金利の円やスイスフランで資金調達し、それを売って高金利通貨で運用するキャリー取引が再拡大している状況の中で、豪州利上げ観測は、オージー高期待を強めるものとなっている。

オージー復活となるのか、それとも今年に入ってからのオージー買い限界ゾーンで、今度も跳ね返されることとなるのか。一つの分岐点に差し掛かっていることは間違いなさそうだ。(了)

■2006年、オージーの買い持ちは約3万枚がピーク

経済・為替そしてそれに付随する情報の提供を目的としてのみ作成されたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。万一内容に誤りがあった場合、また当内容を用いたために直接あるいは間接的に生じた損失について、解説者はいかなる責任を負うものではありません。
また、為替取引には価格変動リスクが存在し、元本を保証する取引ではありません。
取引に関しての最終決定は必ずお客様自身の判断でなさいますようお願い申し上げます。

おすすめ取引会社
  • ひまわり証券
    外国為替証拠金取引のリーディング
    カンパニー
    資料請求
  • JFX株式会社
    ★ 1万円で始めるFX 「外為ゼロ」
    資料請求
  • マネーパートナーズ
    安心と信頼のFXブランド。手数料無料!
    資料請求
  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン