高金利を満喫できる通貨の豪ドルとNZドルの動きをレポート

HOME > 気になる通貨のカン所 > オージー&キウイじっくりレポート

オージー&キウイじっくりレポート

キウイ「8月最強通貨」の裏事情
年初からの変動率では「最弱」通貨だが、8月に急騰

(8月31日・マネーアンドマネー発)

 豪ドル「オージー」、NZドル「キウイ」が対円で続伸している。とくにキウイは、じつは8月の「最強通貨」になっていたようなのである。

8月、「最強」はキウイ、「最弱」は円。ユーロは意外にも横バイ

主要通貨の実効相場変動率を8月1−29日で調べたところ、円はマイナス1.8%で下落率トップだった。少し意外だったのはユーロ。ユーロの変動率はほぼゼロで、つまり8月のユーロは基本的に横ばいだったわけだ。対円で最高値更新が続くユーロだが、総合力で見るとむしろ横ばいに過ぎないようだ。

ではユーロが上がっていなかったら、8月に上がった通貨は何か。一つは英ポンドで、8月はプラス1.3%。しかしそんなポンド以上に上がった通貨、それがじつはキウイだった。キウイの8月はプラス4.1%。まさに8月の「最強通貨」だったのである。

それでも、今年初めからの変動率で見ると、キウイはまたマイナス9%で、米ドルの同マイナス5%、円の同マイナス2.5%を大きく引き離しての「最弱通貨」だ。この1−2ヶ月急反発しているものの、それでも年初からの下落率が15%から10%以内に縮小してきただけのことで、なお「最弱通貨」には変わりないわけだ。

円売り運用「円キャリー」とハイリスク投資の再燃

ところで、通貨におけるこのキウイと似た立場の株価における存在として私が今年に入ってから注目してきたのがアイスランドだった。そのアイスランドの株価もまさに8月急騰している。8月に入ってからの上昇率は10%を大きく超えた。 2−3月の為替における「キウイ・ショック」は、アイスランドなどハイリスク投資の急落と連動したものだった。それが8月に入って急回復している。株でも為替でもハイリスク投資の復活が起こっているようだ。

そして売られているのは低金利の円。つまり8月の最弱通貨・円、最強通貨・キウイというのは、円売り運用「円キャリー」とハイリスク投資復活といった組み合わせの中で展開しているということになりそうだ。(了)

実効相場変動率でみると、今年の最強通貨は「英ポンド」

経済・為替そしてそれに付随する情報の提供を目的としてのみ作成されたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。万一内容に誤りがあった場合、また当内容を用いたために直接あるいは間接的に生じた損失について、解説者はいかなる責任を負うものではありません。
また、為替取引には価格変動リスクが存在し、元本を保証する取引ではありません。
取引に関しての最終決定は必ずお客様自身の判断でなさいますようお願い申し上げます。

おすすめ取引会社
  • ひまわり証券
    外国為替証拠金取引のリーディング
    カンパニー
    資料請求
  • JFX株式会社
    ★ 1万円で始めるFX 「外為ゼロ」
    資料請求
  • マネーパートナーズ
    安心と信頼のFXブランド。手数料無料!
    資料請求
  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン