通貨ペア選びが外国為替証拠金取引ではポイントになります

HOME > 気になる通貨のカン所 > 通貨のいいクセ悪いクセ > 通貨ペア選びのポイント

通貨ペア選びのポイント

通貨選びを楽しめるのは、FX取引ならでは

外国為替保証金取引では、実にさまざまな種類の通貨ペアを取引できます。基本は米ドル・円やユーロ・円ですが、それ以外に高金利通貨として豪ドル・円やニュージーランド(NZ)ドル・円、英ポンド・円、世界で最も高い信用力を持つスイスフラン・円などもあります。
また、こうした対円の通貨ペアだけでなく、米ドル・ユーロといった、円を介さずに取引できる通貨もあります。

まず、通貨ペアで注目しなければならないのが米ドル・円です。私たち日本人にとっては一番馴染みの深い通貨ペアで、経済ニュースなどを見ても、米国発の情報が最も多いため、取引するうえでの材料には事欠かないというメリットがあります。

米ドルの次に注目したいのがユーロ・円取引です。今やユーロ経済圏は、米国と並ぶ経済規模を持つといわれており、第二の基軸通貨としての地位を確立しようとしています。もっとも、ユーロ・円取引は私たち日本人にとっては馴染みのある通貨ペアですが、グローバルな視点から見れば、やはり世界で最も多く取引されているのは米ドル・ユーロの通貨ペアです。

高金利や“有事”に注目したい通貨ペア

このところ、とくに入門者の方などに人気の高い通貨ペアといえば、オセアニア通貨と呼ばれる豪ドル・円、NZドル・円になるでしょう。いずれも金利が5%程度と高く、外貨預金的に金利を確実に取っていくという取引に用いられています。ただし注意しなければならないのは、他の通貨ペアに比べて、豪ドル・円もNZドル・円も、極めて市場規模が小さいということです。それだけレートが乱高下するリスクがあります。

同じく高金利通貨として人気の高いのが、英ポンド・円取引です。金利水準そのものは、オセアニア通貨に比べて低いのですが、それでも比較的金利水準が高いこと、通貨の値動きが大きいために短期でキャピタルゲインが狙えることなどから、個人の人気が高い通貨ペアになっています。
比較的地味な存在ですが、米ドルと似通った値動きをするのがカナダドル・円です。時折、米ドルが売られる一方でカナダドルが買われるケースもあります。有事のドル売りの裏返し通貨としてチェックしておくのも、面白いかも知れません。

最後にスイスフラン・円。永世中立国であり、世界で最も信用力の高い国であるスイスの通貨ですから、一種の避難通貨として捉えることができます。

おすすめ取引会社
  • ひまわり証券
    外国為替証拠金取引のリーディング
    カンパニー
    資料請求
  • JFX株式会社
    ★ 1万円で始めるFX 「外為ゼロ」
    資料請求
  • マネーパートナーズ
    安心と信頼のFXブランド。手数料無料!
    資料請求
  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン