少ない資金で大きな取引が可能なFXの仕組み

HOME > FXの基本 > FXの仕組みを教えて

FXの仕組みを教えて

少ない資金で大きな取引ができる!

外国為替保証金取引は、少ない資金で大きな取引ができるという特徴があります。これは、「保証金」という仕組みによって成されるものです。

たとえば1万ドルの外貨預金で運用しようとした場合、1ドル=120円であれば、総額で120万円の資金が必要になります。ところが外国為替保証金取引の場合は、同じ1万ドルの米ドルを売買するに際して、それよりもはるかに少額の保証金を納めれば、取引できるのです。最低保証金の額はFX会社によって異なりますが、たとえば1万ドルの米ドルを取引するのに必要な保証金額は、10万円程度で済みます。

簡単に言うと、保証金を担保にして、外貨を売買するのに必要なお金を借りるという感覚です。10万円を担保として預けることによって、1万ドルの外貨を買うのに必要な信用を受けることができるのです。

この仕組みによって、少額の元手で、より大きな金額の外貨取引が可能になっているのです。

外国為替証拠金取引ってなに?レバレッジってなに?

おすすめ取引会社
  • ひまわり証券
    外国為替証拠金取引のリーディング
    カンパニー
    資料請求
  • JFX株式会社
    ★ 1万円で始めるFX 「外為ゼロ」
    資料請求
  • マネーパートナーズ
    安心と信頼のFXブランド。手数料無料!
    資料請求
  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン