外国為替証取引の中でも取引条件の有利な投資です

HOME > 外国為替証拠金取引(FX)の基本 > マネーマネージメント

FXの基本

マネーマネージメント

提供:FXCMジャパン

投資のススメ-貯蓄から投資の時代へ

ゼロ金利時代の現在、投資への関心が高まっています。投資と一口でいっても金融商品は数多く存在し、聞きなれない専門用語などを見ると「難しそう」と思ってしまう方もいらっしゃるとは思いますが、投資の基本ルールはどの金融商品でも同じです。

投資で最も重要なことは、将来の予測をすることではありません。いかに不測の事態に対して適切な対応ができるか、リスクを最小限に食い止められるかが重要です。たとえ、これまでの運用が、勝率40%しかなくても、要はトータルでプラスなのかマイナスなのかが重要なのです。これこそがマネーマネジメントの考え方の基本となっています。マネーマネジメントこそが投資において必要不可欠なルールだといえます。

外国為替証拠金取引も同様で、1回の取引で全てが決まるものではなく、何十回、何百回と取引を行った上でのトータルの損益を考えてください。例え、プロの外国為替ディーラーや機関投資家であっても100%勝つということはなく、相場変動が予想と違った方向へいく場面がしばしばあります。彼らはそのときのため、損切り水準を決めておくことで、相場変動のリスク管理を実行しています。損切りをすることはなかなか難しいことではありますが、ポジション管理・資金管理を厳密に行い、いかにリスク管理を徹底して行うかが、投資をする上で非常に重要です。

トレードスタイルの確立の必要性

投資で利益を得るためには、トレードスタイルの確立が必要になってきます。明確な根拠や理由が無く取引を行う場合は、仮に利益が出たとしても成功体験がつかめていないため、次につながりません。また、自分の損失可能額を把握しないまま取引をしてしまうと、大怪我をしてしまう原因となります。

また、投資家のトレードスタイルは、投資家の性格や資金量、時間の有無等により大きく変わります。1日中売買を行うデイトレーダーと、1週間に1回しか売買を行わないお客様とは、自ずと投資スタイルが変わってきます。

自分の考え方やライフスタイルを振り返り、少しずつ学習・経験を蓄積しながら、トレードスタイルを構築していきましょう。

リスクとリターンの関係

「リターン」とは、投資した結果、得られた利益を意味します。通常、リターンは、投資金額もしくは証拠金額に対する利益額の割合で示します。例えば、10万円の証拠金で取引を開始し、5千円の利益を得た場合、リターンは5%となります。一方、「リスク」は、通常の場合「危険」と訳されますが、投資の場合「リターンのバラツキの度合い」を意味します。たとえば、投資期間中に変化するリターンのバラツキが小さいほどリスクは低いとみなします。リスクは一般的に、投資のリターン分布の標準偏差で示され、標準偏差が大きい(リターン分布のバラツキが大きい)ほど、リスクが高いとみなします。

リスクが高い(リターンのバラツキが大きい)とは、予想以上に大きな利益を得る可能性が高いことを意味すると同時に、予想以上に大きな損失を被る可能性も高いことを意味します。債券、株式など各種投資のリスクとリターンの関係をみますと、リスクが低いものほどリターンも小さく、リスクが高いものほどリターンも大きい関係があります。「ハイリスク・ハイリターン」、「ローリスク・ローリターン」という言葉は、リスクとリターンの関係を端的に表現したものであることが分かります。

外国為替証拠金取引は、証拠金額を変動させることで、より少ない金額で取引することが可能となり、この特徴を活かして、より大きなリターンを狙うことも可能となります。しかし、リターンが大きくなればリスクも高くなること、つまり「ハイリスク・ハイリターン」を忘れてはなりません。外国為替証拠金取引を開始する際には、自分がどのくらいのリスクを負担できるか、資金の性格や投資目的などをよく考え、より高いリターンを目指すだけでなく、同時にリスクを適切に管理することが重要となります。

[ さまざまな金融商品のリスクと流動性の関係 ]

» 次は「外国為替って何?」について見てみましょう

fxcm

fxcm資料請求

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン