外国為替証取引の中でも取引条件の有利な投資です

HOME > 外国為替証拠金取引(FX)の基本 > 外国為替って何?

FXの基本

外国為替って何?

提供:FXCMジャパン

外国為替とは?

日本の円、米国のドル、イギリスのポンド、EU圏内におけるユーロというように、それぞれの国々では各国内で流通する通貨を持っています。それらの異なる通貨を交換することを「外国為替」と呼びます。
通貨の交換は、基本的には商品を売買することとよく似ています。例えば、日本円でどの通貨をいくら購入するか。また、日本円をいくらで売り対価としてどの通貨を得るか、という考え方と同じです。

日本では、ドルと円の交換レートを一般的に円相場といいます。円相場というのは、円で表示されたドル相場と考えればわかりやすいでしょう。海外旅行をする時に行う「両替」は、まさに外国為替そのものです。
これは、円の現金と海外通貨の現金やトラベラーズチェック(T/C)とを取り引きしていることになります。
また「為替レート」と言われるものは、通貨と通貨を変換する際の変換レートを意味します。例えば、円相場の為替レートが1ドル=110円の場合、1万ドルのお金と交換できる円は110万円ということになります。

24時間眠らないマーケット

外国為替市場は、日本時間の月曜早朝から土曜の早朝まで、24時間動き続けています。
株の取引の場合は、9時から15時までという限られた時間しか取引ができませんが、為替取引なら24時間いつでも取引が可能です。

[金融市場の時間的推移(日本時間)]

また、外国為替市場は、東京証券取引所のように取引所が実在しているわけではありません。
一般的に東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場と都市名で呼び分けられますが、あくまでも取引所の名前のことをさしているのではなく時間帯で分けられているだけのことであり、その時間帯の金融の中心都市を通称として使っているだけです。東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場の時間帯には、取引参加者・取引量が多く、十分な流動性が確保されていますが、ウェリントン(ニュージーランド)、シドニー(オーストラリア)などの時間帯は、流動性が低いため、売値と買値の差(スプレッド)が広がりやすい等、取引を行い難い時間帯となりますので注意が必要です。

外国為替相場の変動要因

外国為替相場の変動要因については、通貨の需給の変化をもたらす、経済要因、政治要因、偶発要因、心理要因の4つが主な要因だといわれています。

» 次は「FXの魅力」について見てみましょう

fxcm

fxcm資料請求

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン