外国為替証取引の中でも取引条件の有利な投資です

HOME > 外国為替証拠金取引(FX)の基本 > 各国の通貨の紹介

FXの基本

各国の通貨の紹介

提供:FXCMジャパン

各国の通貨の紹介

外国為替取引をする上で、各国の通貨についてある程度知っておく必要があります。
取引システムやチャート等では、通常使用しているような「米ドル」「円」「ユーロ」といった表記ではなく、「USD」「JPY」「EUR」といった表記を使います。中には「ポンド」が「GBP」、スイス・フランが「CHF」というように、覚えておかなければわかりにくいものもありますので、下記一覧表を覚えておくと便利です。通貨管理組織や金融政策決定会議については、ファンダメンタル分析をしていく上で必要になってくるものです。GDPについては、各国の規模を比較する上でも参考になると思います。
また、日本にいると円を軸に考えてしまいがちですが、為替相場の動きで最も重要なのは米ドルの動きです。アメリカのさまざまな経済指標の発表や要人発言等は、ドル以外の通貨にも影響を与えますので、注意が必要です。

主な通貨の情報

 

表記方法

主な使用国

通貨管理組織

金融政策決定会議

名目GDP
(2005年)
単位:億米ドル

アメリカ・ドル

USD

アメリカ合衆国

連邦準備制度理事会
(FRB)

連邦公開市場委員会
(FOMC)

124,551

JPY

日本

日本銀行

金融政策決定会合

45,059

ユーロ

EUR

ドイツ、フランス等

欧州中央銀行
(ECB)

定例理事会
(Governing Council)

134,518

(25カ国ベース)

ポンド

GBP

イギリス

イングランド銀行

イングランド銀行
金融政策委員会
(MPC)

21,926

スイス・フラン

CHF

スイス

スイス国立銀行
(SNB)

金融政策会合

3,659

カナダ・ドル

CAD

カナダ

カナダ銀行

金融政策決定会合

11,152

オーストラリア・ドル

AUD

オーストラリア

オーストラリア
連邦準備銀行
(RBA)

金融政策委員会

7,007

ニュージーランド・ドル

NZD

ニュージーランド

ニュージーランド
準備銀行

-

1,090

※名目GDP、輸出額、輸入額の表示は、日本円以外の通貨については米ドル換算で表示しています。

» 金融商品は様々です。「他の投資商品との違い」について見てみましょう

fxcm

fxcm資料請求

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン