外国為替証取引の中でも取引条件の有利な投資です

HOME > 外国為替証拠金取引(FX)の基本 > 他の投資商品との違い

FXの基本

他の投資商品との違い

提供:FXCMジャパン

個人が利用できる金融商品は、外国為替証拠金取引のほかに、銀行預金、外貨預金、外貨MMF、株式投資、商品先物取引などがあります。ここでは、各金融商品について、外国為替証拠金取引と比較しながらご説明します。

銀行預金との比較

銀行預金は、現金を銀行口座に預けることで利子が得られる金融商品です。ただ、日本銀行の金融政策のため、得られる利子は非常に少ないです。このため金銭でみたリターンは、外国為替証拠金の方がはるかに大きいといえます。

銀行預金の最大のメリットは、仮に金融機関が破綻しても、ある程度の規模まで預金が国によって保護されている点です。現状では、1つの金融機関につき1預金者1千万円まで、預金元本と利子は全額保護されています。一方、外国為替証拠金取引でも、信託分別管理をしている取扱会社 * であれば、仮に取扱会社が倒産しても預けた証拠金や利益は全額保護されます。

FXCMジャパンでは信託分別管理しています
外国為替証拠金取引業者における信託分別管理
2005年7月に施行された改正金融先物取引法により、外国為替証拠金取引業者はお客様から預った資金を金銭信託による分別管理、もしくは金融庁指定の金融機関への預託、いずれかによる分別管理を実施することが義務付けられました。

信託分別管理について

外貨預金との比較

外貨預金とは、日本円の代わりに、米ドルなどの外貨を銀行に預ける金融商品です。外貨預金の金利は、日本円による銀行預金よりも比較的高いので、ある程度高めの利子が得られるというメリットがあります。
このほかに、外貨預金では為替差益が得られるチャンスがあります。為替差益の仕組みは、外国為替証拠金取引と全く同じです。

ただ外貨預金の場合、銀行の営業時間内でないと外貨を円に換える、もしくは円を外貨に換えることができません。このため、外国為替証拠金取引のように通貨を機動的に交換すること(資金流動性)が難しいです。また外貨預金のうち、外貨定期預金の場合、定期期間が過ぎるまで解約することができません。
このため、仮に為替差益が発生しても、満期まで為替差益を確定することができません。

外貨預金では、通貨を交換する際に為替手数料が徴収されます。一般的には、1ドル当たり1円程度の手数料がかかります。このため、1ドル=110円のときに 1万ドルの預金をする際には、110万円ではなく111万円必要となります。一方、FXCMジャパンでは取引手数料を完全無料*1としておりますので、外貨預金に比べて為替手数料の分だけコストを低減することが可能となります。

このほか、外貨預金が銀行預金と異なり国による保護が受けられないのもデメリットといえます。

 

外貨預金

外国為替証拠金取引

必要なお金

約100万円から

5万円から

手数料

片道1〜2円

0円*1
(FXCMジャパンの場合)

利用時間帯

9時〜15時

24時間

中途解約

定期はNG

いつでもOK

注文

買い
(円安局面で為替差益を獲得)

買いからも売りからも可能
(円安でも円高局面でも為替差益獲得が可能)

*1 FXCMジャパンは売値と買値の差額(スプレッド)により収益を得ています。

外貨MMFとの比較

外貨MMFは、海外の短期債券で運用するマネー・マーケット・ファンド(MMF)と呼ばれる投資信託の一種で、銀行ではなく証券会社で購入する金融商品です。外貨定期預金と異なり、いつでも解約できるメリットがあるほか、為替手数料が外貨預金に比べて安くなっています。

ただ、外貨MMFは、外貨預金と同様に、国による保護がないほか、証券会社の営業時間内でしか取引ができません。また、外貨預金よりも低いとはいえ、為替手数料が発生しますので、外国為替証拠金取引に比べてコスト高といえます。

株式投資との比較

株式とは、株主の権利を表すもので、株式に投資するとは、株式会社が発行した株式に資金を投資し、株主権を取得することを意味します。株式会社が上場している場合、株式の価格である株価は、毎日変動します。このため、株価の変動を利用してキャピタルゲインを得ることも可能となります。

株式を購入する代金は、対象となる会社によって異なりますが、通常は平均で50万円程度の資金が必要となります。一方、外国為替証拠金取引の場合、一定の証拠金を取扱会社に預けることで、証拠金の数倍の取引をすることができます。

また株式投資の場合、株式を「安い株価で買い、高い株価で売る」ことはできても、逆に「高い株価で売り、安い株価で買い戻す」ことは、現物株式投資ではできません(信用取引という仕組みを利用する必要があります)。一方、外国為替証拠金取引の場合、特別な仕組みを利用しなくても、「買ってから売る」、「売ってから買う」のどちらも実施することができます。

 

株式

外国為替証拠金取引

必要なお金 *1

約50万円から

5万円から

取引手数料

有料

無料
(FXCMジャパンの場合)

銘柄数 *2/通貨ペア数

約4200銘柄

22通貨ペア
(FXCMジャパンの場合)

必要な知識

ドメスティック

グローバル

取引方法 *3

買いからのみ

買いからも売りからも可能

取引可能時間帯 *4

9〜15時

24時間

  • *1  2004年の平均的株式投資額の場合
  • *2  全上場株式銘柄数
  • *3  現物株式取引の場合
  • *4  一般的な取引時間の場合

商品先物取引との比較

商品先物取引とは、将来の決められた時点(限月)に、特定の価格で商品の受け渡しを行なう取引です。
商品先物取引は、決められた時点(限月)の前であれば、受け渡す権利の転売や買い戻しが自由に行なえるため、商品の受け渡しを目的とせず、権利価格の売買差益から利益を得ることも可能となります。
また、外国為替証拠金と同様に、証拠金を担保として預けることで、証拠金の数倍の取引が可能です。

このように、商品先物取引は、外国為替証拠金取引と類似した点が多くあります。しかし、商品先物取引では、取引を限月までに終了させる必要があり、仮に限月を超えてポジションを持ちたい場合は、前の限月の取引を終了し、次の限月の取引を開始する必要があります。

一方、外国為替証拠金取引では、限月が設定されていないので、取引が清算されるまで取引を継続することが可能です。この限月の有無は、商品先物取引と外国為替証拠金取引の大きな違いといえます。

また、商品先物取引では、損失が拡大すると、取引業者から追加証拠金(通称=追証:おいしょう)の請求があります。これは、計算上の損失が証拠金の一定額を超えた場合、証拠金の不足分が請求される仕組みです。取引を続ける場合は、この追加証拠金を払う必要があり、場合によっては多額の追加証拠金を支払うこともありえます。

一方、FXCMジャパンの場合、自動ロスカット制度が採用されています。これにより、取引の損失額が一定の水準を超えた場合、取引は自動的に清算されるので、投資家の損失額を限定させる安全装置として機能します。自動ロスカットにより、FXCMジャパンでは、預入した証拠金を超えて請求することはありません。*1

*1 損失が一定比率以上になった際に自動的反対取引により決済される契約がありますが、相場の急激な変動で委託証拠金額を上回る損失が生じるおそれがあります。

このセクションでは、外国為替の基礎から外国為替証拠金取引について学びました。 それでは、一歩進めて、次は実際の取引について詳しく学びましょう。自分に適した投資スタイルが見つかるコンテンツを用意しています。

» FX取引実践法 «

fxcm

fxcm資料請求

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指標
  • FX比較
  • マーケットニュース集
  • サイトマップ

エフエックス・オンライン・ジャパン