スワップポイントってなに?

金利収入もある!

日本と通貨発行国の金利差のことです。日本の金利が、通貨発行国の金利よりも低い状況の時に、その外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されていきます。要は金利収入のことです。

たとえば日本の金利が1%、購入した外貨の発行国の金利が5%だとすると、両国の金利差である4%がスワップポイントとして入ってくるのです。

レバレッジ効果は、このスワップポイントにも影響してきます。たとえば、両国の金利差が4%の時に、レバレッジを10倍にして外貨を購入すると、スワップポイントは保証金に対して40%にもなるのです。

ただし、スワップポイントが入ってくるのは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合です。逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は、スワップポイントを支払わなければなりません。外貨の売りから取引を始めた場合、ドル安円高になるほど為替差益を得ることができますが、一方でスワップポイントを支払わなければならないため、コストが割高になります。外貨の売りから取引を始める場合は、この点に留意する必要があります。

レバレッジってなに?どうして円高でも為替差益が得られるの?

  • CONTENTS
  • FX会社比較・ランキング
  • FXマーケットコラム
  • THEわかるFX

ページトップへ