どうして円高でも為替差益が得られるの?

円高・円安のどちらの局面でも利益が得られます

外貨預金や外貨MMF、外貨建て外債など、多くの外貨建て金融商品は、外貨を買うことから取引を始めるため、円安が進まなければ為替差益を得ることができません。でもFXの場合、円高が進んだ場合でも為替差益を得ることができるのです。

理由は簡単です。FXは外貨の売りからでも取引を始めることができるからです。たとえば1ドル=120円の時に米ドルを売り、1ドル=110円までドル安円高が進めば、その差額に相当する10円分の為替差益が得られるのです。基本的にキャピタルゲインを得る場合は、安い値段で買って、高い値段で売ることが原則ですが、その順番は逆でもいいのです。つまり、高い値段で売って、安い値段で買い戻せば、それも利益になるということです。

FXは、円安、円高の違いに関係なく、為替差益を得るチャンスがあります。ただし、円高でも利益を得るためには、今後、円高が進むだろうという見通しが当たらなければなりません。この見通しを当てることこそが難しいのです。

また、日本の金利よりも高い金利の国の通貨を売る場合は、スワップポイントがコストとして負担になることを忘れないようにしてください。

スワップポイントってなに?損したらどうなるの?

  • CONTENTS
  • FX会社比較・ランキング
  • FXマーケットコラム
  • THEわかるFX

ページトップへ