円高・円安ってなに?

テレビニュースを見ていると、最後の方で時々、外国為替市場の動向について報道されることがあります。「今日の東京外国為替市場は、20銭、円高ドル安の……」というアレです。

さて、円高円安とはいったいどういうことなのでしょうか。

簡単に言えば、円が他の通貨に対して、強くなっているのか、それとも弱くなっているのかを示しています。

たとえば、1ドル=120円が1ドル=110円になったとしたら、これは円高でしょうか、それとも円安でしょうか。次のように考えると簡単です。

これまで、100円玉1枚と10円玉2枚で1ドルを買うことができました。ところが、その後は同じ1ドルを買うのに、100円玉1枚と10円玉1枚で済むようになりました。そう、同じ1ドルを買うのに、少ない円で買うことができるようになったのです。つまり、それだけ円は強くなった(正確には円の購買力が上昇した)ことになります。要するに円高ドル安ということです。逆に、1ドル=110円が1ドル=120円になったとしたら、それだけ多くの円を支払わなければ1ドルを買うことができませんから、円安ドル高が進んだということになります。

外国為替市場のニュースを見聞きしていると、この外国為替レートは常に変動していることがわかると思います。外国為替レートはさまざまな要因で、円高になったり円安になったりを繰り返しているのです。そして、そこに外国為替投資で利益を得るチャンスが生まれてきます。

これから皆さんが学ぼうとしている外貨投資は、まさにこの為替レートの変動を追うことによって、少しでも自分のお財布の中身を豊かにしようという狙いで行うものなのです。

外国為替市場ってどこにあるの?<>為替レートはどう動くの?

  • CONTENTS
  • FX会社比較・ランキング
  • FXマーケットコラム
  • THEわかるFX

ページトップへ