どんなニュースに注目すればいいの?

外国為替レートは、日々のさまざまなニュースによっても変動します。「テロが勃発して米ドルが売られる」というのは、その典型例でしょう。

日ごろから注意しておくべきニュースとしては、やはり米国の通貨政策です。通貨政策を担当するのは米国の財務省ですが、たとえば米国の財務長官が「強い米ドルを支持する」といった発言を行うと、米ドルが買われます。ちなみに米国の通貨政策は、国益のひとつとして通商政策が重視されると、米ドル安を促す傾向があるため、注意が必要です。

しかし、米国の通貨政策はそう頻繁に変更されるものではありません。この材料がない場合は、とりあえずユーロ圏の通貨政策を担っている欧州中央銀行の動向や、日本の通貨政策の動向が注目材料として浮上してきます。それだけ、通貨政策は外国為替レートの値動きを把握するうえで、重要なニュースであるということです。

通貨政策に関するニュースがない場合は、さまざまなハプニングがマーケットを動かす材料として浮上してきます。原油価格の動向、インフレの推移、米国の雇用統計、テロなどの紛争問題などがこれに相当します。ただ、これらの材料は極めて短期的な値動きで終わる傾向が強いため、タイミングが難しい面があります。

このように、マーケットが注目するニュースには優先順位があるということを頭に入れておくと、実際に相場の動向を予測するうえで便利です。

外国為替レートはどう動くの?<>どんな通貨が取引されているの?

  • CONTENTS
  • FX会社比較・ランキング
  • FXマーケットコラム
  • THEわかるFX

ページトップへ