海外の情報をお届けする、海外市況レポート

海外市況レポート 海外の生の情報をお届けします

RSSリーダーに登録

お知らせ

結局は市場予想通りのFFレート

 本日の期待通りのレートカットによってドルは対ユーロ、円に対して売られ 値を下げましたが、実質的には住宅市場問題の継続、消費者信頼感の減退、さ らには経済の基盤である労働者市場拡大速度の減速によるもので、米国経済の 疲弊からレセッション感が高まりつつあるのでドル離れ。特にユーロドルなど は1.50が…

| | トラックバック (0)

FFレートの行方は?

 明日に控える米政策金利目標設定会合において、0.50%の引下げ予想をして いるが、一部では投資家らを落胆させる結果とともにコメントも出るのではと いう見方も増えてきている一方、0.75%の引下げを期待している投資家も少な くはない。     【ドル/円】  本日のドル円相場は、…

| | トラックバック (0)

ACROSS NY市況レポート 1月29日【火】

 連日の下落から短期的な調整が入った格好であった本日のダウ・ジョーンズ 工業品株価は+170ポイントの上昇で引けた。序盤では弱い数値が発表となった 住宅関連指数で-100ポイントとなったが、今週金利をさらに引き下げる予想の FOMCがあるためアメックス、JPモーガン、メルクなどが牽引し上昇し引けた。…

| | トラックバック (0)

本日もNY株式市場に連動

 NY序盤ではマイクロソフト社の決算結果と収益予想が発表され、ともに好調 との事からダウは上昇して始まったが、金融株を中心に売り込まれダウは結局 170ポイントマイナスで引けた。中期的に株式市場は底をついたと思われたが、 今後に課題を残す金融企業の動向を見逃せない。     【ド…

| | トラックバック (0)

フランス系大手銀行ソシエテ・ジェネラルの危機

【ドル/円】  本日のドル円はNY株式市場が上昇下落を繰り返す中、緩やかに上値を切り 上げていく格好で、106.73, 106.87,106.98と徐々に上昇していった。     【ポンド/円】  ポンドドル、ドル円が上昇していく中、ポンド円は序盤オープンから40銭 ほど一時下落…

| | トラックバック (0)

ドル円は104円台に一時タッチ

 JPモーガンチェイス、シティをはじめ大銀行株が約5%の上昇を見せた本日 のNY株式市場は、-300ポイントであったが結果的に+300で引けた。ハイテク 株はアップル社の収益減予想を受け売られ10月のピークから比べ20%も下落。 S&P500は約18%、ダウジョーンズは2000ポイント、約1…

| | トラックバック (0)

US経済レセッションからの世界経済停滞

 具体的な景気てこ入れ策として、緊急利下げ措置を行い。FED米連銀はFF レートを0.75%引下げ、3.50%とし、公定歩合も同等に0.75%の引下げで4.00% とした。しかしながら、米国株式市場は過敏に反応し、ウォールストリートは 米国のレセッションは予想以上に悪化するのではないかとの反応をし、…

| | トラックバック (0)

ACROSS NY市況レポート 1月22日【火】

本日は米国市場がキング牧師の日でお休み。しかし、企業のアナウンスメン トは行われスイスの巨人、クレディスイスは英国の投資銀行部門から150人の リストラを発表。同社が9月と10月にそれぞれ発表したロンドン、ニューヨ ーク支店の320のカットに続き2回目。じわりじわりとボディブローのように 世界有数の…

| | トラックバック (0)

米経済活性化のための1400億ドル

ブッシュ大統領は1400億ドルにも上る財政改善計画を打ち出した。なかでも 消費者と企業ともに対する一時的な税制優遇措置は米経済の低迷を避けるた めである。これにより50万人の雇用を生み出すだろうとの計画である。     【ドル/円】  IBMとGEの決算発表が予想以上に良かったこ…

| | トラックバック (0)

新型機ボーイング787ドリームライナーの暗雲

北京発ロンドン行きのBA38機ボーイング777がロンドンヒースロー空港にて クラッシュ。目撃者の証言によると“空から降ってきたように”滑走路に入っ てきたとのこと。英スコットランドヤードは調査を続けており、テロであるか 事故であるかをも特定は現段階では発表できないとの事。パイロットの話しに よると、…

| | トラックバック (0)

ACROSS NY市況レポート 1月17日【木】

 火曜日にシティグループの損失と弱い結果であった12月小売売上高のため ダウは9ヶ月ぶりの最安値をつけたが、本日はドル買いが好調となり、石油が 90ドルを割れる下落のなかJPモーガンの13億ドルの資産目減りからの決算の 悪化が発表となったが、7%のプラスで取引を終えた。     …

| | トラックバック (0)

予想以上の損失決算のシティ

 今週は世界の金融機関の決算が発表される中、シティグループのそれが本日 発表となりましたが、181億ドルの評価損益さらに中東などからの資金増強や 人員削減を取ることになるということです。今年2008年の世界景気を占う中 で、バンキングサービスが揺らいでいるのは好ましくないですね。一方、日本 のみずほ…

| | トラックバック (0)

米国金利引下げは0.50% or 0.75% ?

 先週、世界で2番目に権力がある男が、米国の金利についてコメントした。 そのおかげで、米ドルはスイスフラン、ユーロに対し売られ大きく値を下げた。 月末30日に行われるFF金利誘導目標値は、0.50%引き下げられることがほぼ 確実視されているが、オプションから判断される確率を考えると0.75%の利下 …

| | トラックバック (0)

ACROSS NY市況レポート 1月12日【土】

本日のNY株式市場はカード会社アメリカンエクスプレスの2008年の利益予想 が大幅に悪化するとの予想を受けアメックスの株価は11.7%も下落。そのうえ メリルリンチが150億ドルの評価減が、不動産関連資産に発生する可能性が高 いと新聞に出ていたことから米株式は昨日の引けを大幅に下回った。  …

| | トラックバック (0)

米不動産業界に神の手助けを!!

 不動産金融米国最大手のカントリーワイドが今週の初めに、倒産申請を行う というニュースが流れそれを打ち消そうと躍起になっていましたが、結局はバ ンクオブアメリカにジョイントベンチャーという形で買われることに落ち着 きそうです。このことを受け同社の株価は$3.08から午後には$8.20と大きく 買いあ…

| | トラックバック (0)

米景気低迷予想広がる!?

 メリルリンチが米経済は既に停滞していると発表したことに続き、世界有数 の投資銀行であるゴールドマンサックスも2008年の米経済は低迷し、カギと なる誘導金利目標は現行の4.25%から2.50%まで引き下げられると予想した。 したがって、金融・IT関連株からヘルスケア株への資金移動が始まるでしょう。…

| | トラックバック (0)

ACROSS NY市況レポート 1月9日【水】

 米系金融機関大手ベア・スターンズのジェームス・ケイン最高経営責任者 (CEO)兼会長は、サブプライム問題に絡む損失で、初めて四半期ロスを計上し たことによりCEOを降りる構えであるということになった。昨年の秋にシティ 銀行とメリルリンチのCEOが、それぞれ解任されたことから3人目となります。 &n…

| | トラックバック (0)

マクドナルドの新展開

 スターバックスがコーヒーショップとして成功し、その他の同業者を許さず にひたすら独走しているのは、ご存知かと思います。これに対抗してレストラ ンビジネス最大手マクドナルドが、独自のコーヒーショップを展開することを 打ち出しました。しかし、株式市場では若干上昇しただけでした。   &nbs…

| | トラックバック (0)

米雇用統計

 名だたるエコノミストの雇用統計予想値(7.0万人の増加)を大幅に下回る 結果となった今回の雇用増加数は、1.8万人と若干の増加で、さらに失業率は 前回の4.70%から5.00%へジャンプしたことで、NY株式市場はFEDに0.5%のFF 金利のカットを-200以上の下落で示しました。   …

| | トラックバック (0)

ACROSS NY市況レポート 1月4日【金】

 原油の値段が3桁となり、それが2日連続で続いています。需要過多からつ ながる供給不足で、原油貯蓄量がさらに減少するとアナリストと呼ばれる方々 が悲鳴を上げています。ちなみに3桁とは、1バレル=100ドル、1バレル= 117.35リットルです。     それでは本日の市況を振り返…

| | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。新年のご挨拶が遅れましたが、為替市場は 昨日(2日)からですのでご了承ください。本年も皆様にとってより良い一年 であることをお祈りしております。     それでは本日の市況を振り返ってみましょう。     【ドル/円】  ダウ先…

| | トラックバック (0)

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指数
  • FX比較
  • マーケットニュース
  • サイトマップ
2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

掲載外国為替取引会社

おすすめサイト