海外の情報をお届けする、海外市況レポート

海外市況レポート 海外の生の情報をお届けします

RSSリーダーに登録

お知らせ

米国の経済状況をどう見るか?

月間で見るとダウは下落だが、投資家の(経済への)信頼感を見る上では、今週 のダウの動きは、プラスに転じている。ということは、投資からは米経済指標 は悪化するのは織り込み済みで、今後の回復をどのように見ているかが焦点と されるのではないか。     それでは本日の市況をチェックして…

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 11月28日 【金】

サンクスギビングディ(感謝祭) アメリカ合衆国とカナダの祝日の一つ。通常11月の第4木曜日。感謝祭が過 ぎるとクリスマスまでおよそ一ヶ月となるため、クリスマス商戦の前哨戦とい う現在の位置づけ。これで年末の消費者の懐具合を計るのはいいかも。     それでは本日の市況をチェックし…

| | トラックバック (0)

FF金利利下げ織り込み度

FF先物から見る12月米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ織込み度は上昇。 12月FOMCでの50bp利下げの織り込み度は前日の62%から64%へと上昇を継続 した。さらに25bp利下げの織り込み度は36%となっている。1月FOMCにおけ る金融政策変更の織込み度は、50bp利下げが61.5%…

| | トラックバック (0)

最悪の事態は免れることができる?

商品価格が下落し、経済成長率が予想通りとなった現状の経済状況を鑑みて、 市場参加者の将来への期待感は、最悪の事態が来る確率が低いのでは?という 気風が見られ、本日、約-150ポイント下落したダウ株価指数をプラスで引けた 格好となった。     それでは本日の市況をチェックしてみま…

| | トラックバック (0)

英政府の景気対策

VAT(付加価値税、日本の消費税に相当する)税率の17.5%から15.0%への引 き下げなどを含む総額200億ポンドの景気対策を発表した。これにより英景気 に対しポジティブと取られ、ポンドドル、ポンド円は上昇。ポンドドルはNY 始値1.4982から1.5176の高値、ポンド円は下記を参照とポンドが買…

| | トラックバック (0)

CNBC報道

オバマ次期大統領が、次期財務長官にガイトナーNY連銀総裁を指名する見込み との報道を受け株式市場が終盤に急騰。前日比±ゼロ付近で推移していたダウ はこれを受け結局8000ドルを回復し、約+500ポイントで引けた。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 ------…

| | トラックバック (0)

スイス国立銀行(中央銀行SNB)

予想外の100ベーシスポイント(BP)利下げを実施したことを受けスイスフラン は急落した。対円では、NY時間始値の78.52から77.30台と1円以上の下落を 見せ、終盤までには結局76.58と約2円の下落となった。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 ----…

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 11月20日 【木】

シティグループ 本日23%の下落をしたシティ株は6.40ドルで引けた。過去最大の1日内での 下げ幅は1987年10月19日の21.7%であったがそれを上回る下落となった。 これにより株式市場は混乱をきたし、引けは8000ポイントを割った。     それでは本日の市況をチェックして…

| | トラックバック (0)

本日マーケットを動かした指標

NAHB(全米住宅建築協会)住宅市場指数は9となり、1985年1月の初発表以来の 最悪の数値となった。このことにより、金融と雇用市場に更なる不確定要素を 全米経済にもたらし、個人消費に大きな負の衝撃を与えると考えられる。   一方、本日注目の指標は米英の議事録発表だ。おおよその見当はついて…

| | トラックバック (0)

エコノミスト調査 米フィラデルフィア地区連銀

「米経済は4月にリセッション(景気後退)入りし減速は14カ月間続く」 「2008年第4・四半期は2.9%のマイナス成長になるとみられている」 「09年第1・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率予想は、前回調査のプラス1.6% からマイナス1.1%に下方修正」 「第4・四半期の非農業部門雇用者数予想は…

| | トラックバック (0)

バーナンキ議長米連邦準備理事会(FRB)の発言

金融市場は著しい緊張下にあり、世界の中央銀行は信用収縮緩和や景気てこ入 れに向け、一段の措置を講じる用意がある 市場で継続中のボラティリティや最近の経済指標は、引き続き厳しい状況にあ ることを示している このため、政策担当者は緊密な連絡を保ち、動向を注視し、状況に応じて追加 措置を講じる用意がある …

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 11月14日 【金】

NY株式市場 いきなり前日比-152ポイントで迎えたNYダウは直後に+100まで上昇。しかし、 後半に入り10月10日以来の8000ポイント割れとなった。終盤にきて、各社 の収益見通し (インテル、ウォールマート) の可能修正はすでに不景気時には 当然だとのことからバーゲンハントのような動きとなり結…

| | トラックバック (0)

BOEインフレレポートオーバービュー(概要)

世界経済と国内経済における将来の見通しは、顕著に侵食されていることが伺 える。金融市場や銀行における不安定要素は、一世紀ぶりに見られるくらいの 深刻なものである。英国に限ってはGDP成長率、ビジネスサーベイや地方から 寄せられる(中銀のエージェント報告)は格段に弱まっている。   英経済は…

| | トラックバック (0)

本日の注目度NO.1

明日は英国のインフレレポートが発表されます。今回1.50%と大幅の値下げを 踏み切った英国中銀の見解が盛りだくさんとは言うものの、英金融・経済先行 き不安感に対して、どのように中銀は判断しているかをまとめているものなの で是非とも和訳があればご覧ください。     それでは本日の…

| | トラックバック (0)

中国の約6000億の景気支援策

本日米株式市場は、中国の景気支援策を受け前日比プラスとなった。背景は、 中国内需拡大から世界経済へのプラス効果を期待したものであった。しかし、 NYの反応は、米景気不安はぬぐえない状況。先週末の雇用統計は大幅に悪化し、 失業率は6.50%とここ数年では大きな数字であり、米国人口を2.8億人と考え る…

| | トラックバック (0)

びっくりするほどの悪化!?

本日発表となった米雇用統計は1994年以来の6.50%の失業率を次げた。さらに 米経済は、24万人もの労働力をスラッシュ(切り落とし)したと発表。史上初モ ノの次期大統領にとって懸念材料が残る。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 ---------------…

| | トラックバック (0)

欧州中銀と英中銀

本日金融政策決定会合がそれぞれの中銀で行われ0.50、1.50パーセントと大 幅なり下げを踏み切った両中銀であった。欧州は予想通りであったが、英中銀 は予想に反し更なる大幅な利下げを踏み切った。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 ---------------…

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 11月06日 【木】

米国史上初の有色人種大統領(バラク・オバマ氏)か女性副大統領(サラ・ペリン 女史)の歴史に残る大統領選はオバマ氏が次期大統領となることで決着がつき ました。しかし選挙後の課題は容易ではない。   大恐慌以来の最悪の金融危機とともに深刻な米景気悪化に対して、当選後の余 韻に浸る状況ではないこ…

| | トラックバック (0)

米大統領の引継ぎ

株式市場、為替市場は本日の共和党マケイン候補と民主党オバマ候補のどちら かがホワイトハウスに座らせるための投票を受け、上昇。市場はオバマ候補の 優位を伝えるニュースが飛び交っているように見える。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 ---------------…

| | トラックバック (0)

US自動車販売

ジェネラルモータース社の10月米国自動車販売数は1945年以来の最悪の数字 であったと発表された。自動車ローンの減少や経済状態の脆弱化から消費者の 財布の紐が難くなりすぎているとのこと。   同社によると軽トラックと乗用車は前年同時期に比べ45パーセントも縮小し、 フォード社、トヨタ社らは…

| | トラックバック (0)

今週のNY株式市場

本日ダウ工業品平均株価指数は144ポイント(1.60%)上昇で引けた。S&Pやナズ ダックもそれぞれ1.5%,1.3%プラスで引けた。今週で見ると各指数は、10.1%, 9.5%, 9.8%のプラスで引けた。アナリスト、経済専門誌もそれぞれ最悪の10 月を経験したとのこと。   …

コメント (1) | | トラックバック (0)

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指数
  • FX比較
  • マーケットニュース
  • サイトマップ
2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

掲載外国為替取引会社

おすすめサイト