海外の情報をお届けする、海外市況レポート

海外市況レポート 海外の生の情報をお届けします

RSSリーダーに登録

お知らせ

大晦日

大晦日 今日は大晦日。大晦日と言って皆様は何を想像されるのでしょうか?私は「除 夜の鐘」を想像してしまいます。いろいろな思い出がありますが、ここで質問 です。除夜の鐘の法則をご存知でしたでしょうか? 108回打つのですが、107回を大晦日に、そして1回を新年に、打つのがルー ルのようです。 新しい年…

| | トラックバック (0)

海外市況レポート12月30日(火)

矛盾 不況の影響で個人消費が低迷している状況の中で「節約グッズ」の売れ行きが 好調とのこと。個人的には本当の節約とは買わないことだと思うが・・・。   それでは今年も残すところわずかになりましたが、本日のNY市場はどうだっ たのでしょうか。チェックしてみましょう。 ------------…

| | トラックバック (0)

歴史に残るトレード

アンディ・クリーガー(Bankers Trust)とNZドルは1987年のブラックマンディ に発生した。当時32歳だったクリーガーがファンダメンタル的にいくつかの 通貨は米ドルに対し過剰価値であったことからそれをアービトラージした。 スタンレィ・ドラッケンミラーとドイツマルク。ベルリンの壁が崩壊する…

| | トラックバック (0)

ボクシング・ディ(Boxing day)

12/26のことです。日本ではクリスマスイブに寝て、翌25日の朝にプレゼント が置いてある家庭が多いようですが、旧英国領(オーストラリア、NZランドや カナダ、ケニア、香港など)では、クリスマスの翌日にプレゼントがツリーの 下においてあり、その箱(Box)を開ける日だからです。さて相場は、というと、…

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 12月24日 【水】

ここ数日のドル円、ユーロ円、ポンド円の変動幅(15日からの平均変動幅は、 それぞれ1.81, 3.43, 3.81)に比べ本日は、1.07, 1.34, 1.50と通常の状態で の変動幅となった。クリスマス前ということで、先週末から休暇をとっている 海外勢の参加者が少ないためだろう。したがって、レー…

| | トラックバック (0)

英ポンドの行方

ギーブBOE副総裁の「中銀は、信用不安の再燃を回避するための新しいツール (道具)が必要だ」とのコメントを発したことがきっかけとなりユーロポンドで ユニティ(=1.0000)への加速度が増した。さらに「中銀は金融危機前、英経済 に直面した問題の深刻さを理解していなかった」とコメントを発表。ポンドの …

| | トラックバック (0)

米政策金利の影響

今週火曜日にFRBは米国の政策金利を実質的に0% (0.00-0.25%の幅で決定) に 引き下げたことにより世界経済は更なる悲観的な様相を示した。米ドルの昨日 は一時的には買われたが、事実上のゼロ金利政策から読み取れる事態の深刻さ がドル売りを招き、原油市場においては今週の最安値を更新することにも…

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 12月19日 【金】

USドル全面高 本日のドルは全面的に買われた。対ユーロでは、1.460台からストップを絡め 1.410台後半までに、さらには対ポンドで、NY始値の1.530後半台から一時1.48 台後半まで大幅に価値を戻した。対円では下記に書かれているように90円台 を一時的にも回復した結果となった。  …

| | トラックバック (0)

米政策金利の影響は?

金融市場にカネを垂れ流すことで、市場を安定させることを目標とした実質ゼ ロ金利政策の米国。これにより通貨価値は下落し、下落は加速、さらには将来 的な信頼も揺らぐとの見方。いったいどのようになるのでしょうか?     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 ---------…

| | トラックバック (0)

意外なFOMC政策金利

今回の米中銀である連銀会議の発表によると政策金利は0.00-0.25%のレンジ 幅で推移させるとのことだが、実質的にはマーケット、アナリストともども 1.00%カットのゼロ金利政策を踏み切ったと見ている。消費者物価指数を見て みると、前月比1.70%のマイナスであったことから米経済がデフレーションに…

| | トラックバック (0)

FOCMが近いコトで…

火曜日のFOMC会合により0.50のレートカットにより0.50%になると予想され ている米国政策金利。それに伴い本日のドルはユーロに対し、2ヶ月ぶりに下 落(ユーロドルの上昇)となった。結局ドル全面安となった本日はユーロに対し 1.3720台(始値1.3365)、ポンドに対しては1.5370台(始値…

コメント (1) | | トラックバック (0)

ショッキング!自動車業界救済法案

上記の事実上の廃案となり一気にドル売りの流れとなった本日の為替相場は、 大混乱をきたしドル円にいたっては、90円割れとなり88円台と未知の領域へ。 しかしながら、市場混乱を回避するためにブッシュ大統領はTARPによる同業 界救済を検討。これにより前日比マイナスでスタートした株式市場は、若干の 回復を…

| | トラックバック (0)

本日の原油市場

昨今下落の一途をたどっている原油市場本日は、前日比およそ10%の上昇(4.46 ドル)で、1バレル49ドルを越えた。ドル安とOPECの原油生産高カットの予想 が主な原因となった。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 -----------------------…

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 12月11日 【木】

EUR/GBP あまり見ない通貨ではありますが、ユーロポンドが最近上昇の一途をたどって います。英ポンドはECM(エクスチェンジメカニズム)1に組み込まれていまし たが、それを脱退して自由フロートをしています。しかしここ最近の英国経済 における先行き不安感の増大から対ユーロに関し上昇をしています。 …

| | トラックバック (0)

米雇用状況

米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード(CB)が8日発表した11月の雇 用トレンド指数は102.9に低下し、前月は105.3から104.5に下方修正された。 雇用者数は過去11カ月間連続で減少し、これまでに約200万人が職を失った。     それでは本日の市況をチェックしてみ…

| | トラックバック (0)

欧州・英国の政策金利

先日発表となったECBとBOEの政策金利はそれぞれ、0.75%と1.00%の引下げに より、2.50%と2.00%となった。両中銀の引下げは織り込み済みと見られ、相場 の動き(ユーロドルとポンドドル)にはほぼ影響はなかった。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 …

| | トラックバック (0)

NZの利下げ

1.50%の利下げを発表したRBNZ(ニュージーランド準備銀行)は、政策金利を 5.00%とした。これを受けNZドルは上下に乱高下したが、対米ドル金利差から (ドルNZが)上昇し、株式市場の回復もあり、NZ円も49円丁度付近から49.80 台まで上昇した今朝の動きであった。    …

| | トラックバック (0)

英国通貨

ご存知ですか?現在、世界中の各国の銀行券(お札)に描かれている肖像のなか で存命者が描かれているのは英国の通貨だけです。やっぱり国の顔ですから、 エリザベスII世女王が描かれています。厳密に言うと英コモンウェルス(英連 邦)に入っているカナダもエリザベスII世が描かれていますが、この肖像、以 前、あ…

| | トラックバック (0)

JFX NY市況レポート 12月2日 【火】

NY株式市場の動き 本日、6日ぶりにマイナスとなったダウは、-670ポイントと先週のプラス分を ほぼ相殺するほど下落した。背景は世界的経済統計の悪化からの世界規模での 恐慌が払拭できないというものであった。     それでは本日の市況をチェックしてみましょう。 ---------…

| | トラックバック (0)

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指数
  • FX比較
  • マーケットニュース
  • サイトマップ
2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

掲載外国為替取引会社

おすすめサイト