メキシコ・ペソ 

インカムゲインを狙った中長期取引に向いているメキシコペソ\

取引通貨の世界地図 メキシコ合衆国

メキシコペソの特徴

ブラジルのレアルと並んで、中南米を代表する通貨のひとつ。地理的な条件からアメリカの政治情勢・経済動向に大きな影響を受けることがあります。また、産油国通貨としてエネルギー価格の動きにも連動しやすいといった特徴があります。他の通貨と比べて、相対的に対円での価格水準が低いため、1ポジションあたりの証拠金を低水準に抑えられるというメリットがあります。その点が、FX(外国為替証拠金取引)を取引される個人投資家にとっては魅力の一つと言えるでしょう。またボラティリティが低いため、積極的にキャピタルゲインを狙うよりはむしろ、中長期でインカムゲインを狙う取引に向いているかもしれません。

メキシコの基礎情報

首都: メキシコ・シティー
面積: 197万平方キロメートル(日本の5.3倍)
人口: 1億310万人(2005年10月メキシコ国立統計地理情報院)
言語: スペイン語
宗教: カトリック(国民の約9割)
政体: 立憲民主制による連邦共和国
元首: フェリペ・カルデロン・イノホサ大統領
議会: 二院制(上院128議席、下院500議席)
中央銀行: メキシコ銀行(Banco de Mexico)

国家の経済状況を示す5つの代表的な指標一覧です。

基礎的
経済指標
実質GDP
成長率
一人当たり
GDP(名目)
消費者物価
上昇率(CPI)
失業率 貿易収支
(国際収支ベース)
2005年
2.8% 7,446.9ドル 3.33% 3.60% -75億8,650万ドル
2006年
4.8% 8,059.9ドル 4.05% 3.61% -61億3,320万ドル
2007年
3.3% 8,478.7ドル 3.76% 3.72% -100億7,360万ドル(暫定値)

(出典:JETRO/2008年07月10日現在)

このページのトップへ

メキシコ貿易統計

2007年輸出入の国別・品目別の内訳円グラフです。

メキシコ貿易統計の円グラフ

(参考:JETRO)

このページのトップへ

メキシコ政策金利の推移

2005年から2008年までの政策金利の推移です。

メキシコ政策金利の推移

このページのトップへ

メキシコ2009年祝日

    1月 01日       元日
    2月 02日       憲法記念日
    3月 16日       フアレズ氏誕生日
    4月 09日       ホリー・サーズデー
    4月 10日       グッド・フライデー
    5月 01日       労働者の日
    5月 05日       プエブラの戦い
    9月 16日       独立記念日
    11月 02日       万聖節前夜祭
    11月 16日       革命記念日
    12月 12日       グアダルーペの日
    12月 25日       クリスマス

参考

このページのトップへ

  • CONTENTS
  • FX会社比較・ランキング
  • FXの基本
  • FXマーケットコラム

ページトップへ