東京市場の為替セールスの第一人者JFX株式会社小林芳彦の為替マーケット

ズバリ アクロスFX 小林芳彦の為替マーケット

RSSリーダーに登録

お知らせ

« Nzd,Cad,SF 為替市場展望 12月31日 | トップ | Nzd,Cad,SF 為替市場展望 1月4日 »


朝の東京為替市場展望 1月4日

朝の東京為替市場展望 1月4日
 
おはようございます。
本日もよろしくお願い申し上げます。
元気に為替相場と格闘いたしましょう。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
FX−ZERO
手数料完全無料キャンペーン 10月22日〜3月31日まで延長
証拠金1万円〜 × レバレッジ 約250倍 × 信託保全
http://www.fx0.jp/  で、デモトレード口座登録を。本番と同じ環境の
デモを是非お試しくださいませ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    
12月31日 午後1:01PMに予想したレンジ
 ドル円   111.35(111.65)-- 112.40(112.65)作成時 111.77-80 0:40PM
 ユーロドル 1.4670(1.4700)--(1.4755)1.4785 作成時 1.4740-45 0:42PM
 ユーロ円   164.45(164.60)-- 165.35(165.55)作成時 164.84-89 0:44PM
 ポンド円  222.10(222.55)-- 224.45(224.75)作成時 223.49-57 0:54PM
 ポンドドル  1.9900(1.9940)-- 2.0020(2.0040)作成時 1.9979-84  0:48PM
 豪ドル円   98.00(98.20)--98.85(99.05)  作成時  98.70-75 0:58PM
 豪ドルドル  0.8745(0.8785)-- 0.8845(0.8865)作成時 0.8815-20 0:51PM
    
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
 
コメント作成    ドル円              111.93-96
1:01PM      ユーロドル          1.4741-46
          ユーロ円           165.05-10
          ポンド円            223.66-74
          豪ドル円         98.68-73  
   
赤字は実際のレンジ(下記参照)と15ピップス以内であった予想値
<12月31日> 
12月31日 24時間のドル円インターバンク・レンジ 
2007年12月31日分 
ドル円         Open       High       Low        Close 
Asia           112.30     112.69     111.76    
London                    112.18     111.50    
北米                      112.04     111.30     111.67  
昨日24時間のユーロドル・ユーロ円インターバンクレンジ 
               Open       High       Low        Close 
ユーロドル     1.4736     1.4748     1.4569     1.4589  
ユーロ円       165.49     165.76     162.47     163.00  
 
               Open       High       Low        Close 
ポンド円       224.32     224.91     220.92     221.57  
ポンドドル                2.0103     1.9815    
豪ドル円        98.51      98.82      97.46      97.50  
豪ドルドル                0.8827     0.8744    
         
海外株式       Close  前営業日比  前営業日引け   
NY Dow      13,264.82    -101.05  13,365.87   
S&P          1,468.36     -10.13   1,478.49   
Nasdaq       2,652.28     -22.18   2,674.46   
Dax            Closed    #VALUE!   8,067.32   
FT           6,456.90     -20.00   6,476.90   
         
NY金先物     838.00      -4.70     842.70  COMEX 2月限
NY原油先物      95.98      -0.02      96.00  NYMEX 2月限
  12月19日よりNY原油先物、限月2月に変更    

 
<1月2日>
1月2日 24時間のドル円インターバンク・レンジ 
2008年1月2日分 
ドル円         Open       High       Low        Close 
Asia           111.85     112.11Lvl  111.32    
London                    111.92     109.50    
北米                      111.69     109.22     109.66  
昨日24時間のユーロドル・ユーロ円インターバンクレンジ 
               Open       High       Low        Close 
ユーロドル     1.4620     1.4751     1.4587Lvl  1.4711  
ユーロ円       163.52     164.06     161.00     161.32  
 
               Open       High       Low        Close 
ポンド円       227.17     222.76     216.37     217.14  
ポンドドル                1.9898     1.9774    
豪ドル円        98.02      98.88      96.14      96.84  
豪ドルドル                0.8838     0.8749Lvl    
         
海外株式       Close  前営業日比  前営業日引け   
NY Dow      13,043.96    -220.86  13,264.82   
S&P          1,447.16     -21.20   1,468.36   
Nasdaq       2,609.63     -42.65   2,652.28   
Dax          7,949.11    -118.21   8,067.32   
FT           6,416.70     -40.20   6,456.90   
         
NY金先物     860.00      22.00     838.00  COMEX 2月限
NY原油先物      99.62       3.64      95.98  NYMEX 2月限
  12月19日よりNY原油先物、限月2月に変更    

 
<1月3日>
1月3日 24時間のドル円インターバンク・レンジ
2008年1月3日分 
ドル円         Open       High       Low        Close 
Asia           109.27     109.77Lvl  109.23    
London                    109.72     108.25    
北米                      109.72     108.77     109.32  
昨日24時間のユーロドル・ユーロ円インターバンクレンジ 
               Open       High       Low        Close 
ユーロドル     1.4717     1.4782     1.4687     1.4751  
ユーロ円       160.81     161.68     159.75     161.26  
 
               Open       High       Low        Close 
ポンド円       216.46     217.63     213.54     215.44  
ポンドドル                1.9840     1.9705    
豪ドル円        96.56      97.06      95.09      96.21  
豪ドルドル                0.8847Lvl  0.8787    
         
海外株式       Close  前営業日比  前営業日引け   
NY Dow      13,056.72      12.76  13,043.96   
S&P          1,447.16       0.00   1,447.16   
Nasdaq       2,602.68      -6.95   2,609.63   
Dax          7,908.41     -40.70   7,949.11   
FT           6,479.40      62.70   6,416.70   
         
NY金先物     869.10       9.10     860.00  COMEX 2月限
NY原油先物      99.18      -0.44      99.62  NYMEX 2月限
  12月19日よりNY原油先物、限月2月に変更  
-----------------------------------------------
<12月31日海外の動き>
20:38
ブラウン英首相
  「2008年の最優先課題は世界的な信用収縮に対処し、金融の混乱を安定的
   に 乗り切ることだ」
  「米国発の世界的クレジット問題はいま、どの国にとっても最も差し迫った問題
   であり、それへの対応が目先の優先課題である」
  「わが国の強い経済は基礎である。2008年は、世界的な金融混乱を安定的に
   乗り切る方針だ」
  「安定に対してリスクをとらないことを約束する。インフレを抑制し、金利を低水準
   に維持する」
    **ブラウン首相はすでに、メルケル独首相とサルコジ仏大統領に対し、
            金融市場の安定に関する協議を招請している。協議は1月前半にロンドン
            で開催する予定。
12月31日
東京は休場でしたが 朝方112.69まで買いが入り 下値が固いかと思わせましたが、
これが高値となって今度は112.00にあった ストップロスを狙う展開となって売り攻めが
始まり安値は、111.74レベルまで。午後9時にかけて NY参入前に112.18レベルまで
ショートカバーしました。ただし112円台は上値が重たく、中古住宅販売が悪化するとの
思惑があって 円買いドル売りが強い展開でした。111.50までドル売りが進みましたが、
出てきた数字が予想外の増加となって 111.96レベルまで ショートカバーする動きと
なりました。ただし それでも112円に戻せなかったこと、更には米株式が下落する動きと
なったことに連れて円買い・ドル売りが進み111.37まで下落。
一旦は111.72まで値を戻しましたが、引けにかけて111.30まで再び売り込まれました。
クローズ直前に111.75まで戻し 111.70でクローズしています。
 
ユーロドルはアジアで1.4748高値と1.4750に触れなかったこと、ストップ狙いの買い
(思惑的なロングポジション)が 失敗に終わり 1.4700割れから投げが入り急落。
中古住宅販売が悪化するとの思惑もあって ユーロ円が下落した影響もあって 
ユーロドルは更に下値を切り下げる展開となりました。安値は1.4569までタッチして 
戻りは1.4610ときわめて限定的。引け際に再び緩んで1.4589でクローズしています。
 
ユーロ円はアジアの165.75を高値に じわじわと下値を切り下げる展開が続きましたが、
それでもNY入りまでは164円台後半で下値が止まっていましたが、午前2時過ぎには
162.83まで下値が拡大。戻りも163円台前半ときわめて限定的な中、米株式の下落を
材料に 再び売り込まれる展開となって 安値は162.47まで付けて 163.00でクローズ
しています。
 
<1月2日海外の動き>

FOMC議事録
  「信用収縮が経済成長を鈍化させ、大幅な利下げが必要となる可能性が
   懸念されていた」
  「一部メンバーから、クレジット市場の状況が経済成長を一段と抑制し、
   一段の信用収縮につながるような、好ましくない循環となるリスクが存在し、
   こうした負の作用により、さらに大幅な緩和政策が必要となる可能性がある」
  「金融市場の状況は、委員の予想以上に速やかに改善する可能性があり、
   その場合、これまでの利下げを反転させることが適切となる、と複数の委員
   は認識している」
  「」クレジット市場の悪化が主な要因となり、成長に対するリスクが前回会合から
   高まっている」
  「各メンバーとも政策スタンスは緩和的であるべきとの見方で一致しているが、
   情勢は非常に流動的で経済見通しは著しく(unusually)不透明とも認識している」
  「事録に盛り込まれたFRBスタッフによる米経済予想は、第4・四半期の総経済
   活動の伸び見通しが下方修正され、2008年の実質GDPの伸びも潜在成長率
   を著しく下回る見通し」
  「07年終盤および08年中の成長は昨年10月時点での予想よりも多少悪化
   する公算が大きい」
  「住宅市場の調整は予想以上に拡大・長期化し、消費支出は著しい減速
   (marked deceleration)が見込まれている」
  「(FOMC会合の翌日に発表された米欧主要中銀による流動性供給策に
   ついて)FRBは12月6日に電話会議を行い、10日に投票で承認した」
  「欧州中央銀行(ECB)やスイス中銀との為替スワップ設定に関し、プール
   米セントルイス地区連銀総裁は、両行ともすでに十分なドル準備を保有
   しているとして反対票を投じた」
 
ドル円は朝方 112.11レベルの高値を付けた後 午後3時にかけて111.32まで反落。
午後5時に向けて111.92まで戻しましたが、112円が重たくなって午後9時にかけて
NY参入前に111.35まで反落。午後11時にかけて111.69まで戻しましたが、戻り上値が
非常に重たい展開となり 111.00でしばらく止まりましたが、午前0時に発表された
12月の米ISM製造業景気指数が予想より大幅に悪化し 50を割り込む展開となって 
ドル売りが一気に進む展開となりました。111.00割れでストップが付いて 110.50の別の
大口ストップロスをヒット。更に110.00にあったストップも付けて109.22まで急落する 
激しい相場となりました。その後も戻りも109.70には届かず109.66でクローズしています。
 
ユーロドルはアジアの高値1.4669を超えて午後9時ぐらいに1.4700タッチ。しかしユーロ円
の下落に連れて1.4643レベルまで下落。しかし午前0時の12月の米ISM製造業景気指数で 
ドル売りとなったことで、1.4700を突破。その後も激しいユーロ円お下落はあったものの 
高値は1.4751までタッチしました。その後は1.47台前半に緩み1.4711でクローズしています。
 
ユーロ円は午後8時にかけて164.06まで上昇し 高値をつけていましたが、午後11時過ぎ
に163.50が切れてそのまま一気に163.00も割り込む展開に。これは220.00を割り込んだ
ポンド円の影響が大きく 底なしの下落となったポンド円(安値は216.37)のカバー玉
(ポンド円の売り=ユーロ円の売り+ユーロポンドの買い)でユーロ円は激しく下落。
161.00まで急落し161.32でクローズしています。

<1月3日海外の動き>
 
ドル円の動きは、東京が休場で閑散な中、アジアでは朝方109.77レベルの高値をタッチ
しましたが、戻り売りに潰されてすぐに109.23タッチ。もう一回午後に109.74まで戻した後、
小動きとなりましたが、午後6時を回った頃からドル売りが強まり 下値トライ。
米景気減速懸念からドル売りが強まる展開となって109.00割れからストップロスを付けて
108.25安値まで急落。しかし 市場で短期的なドル売りポジションがたまり始めていたことや
午後10時15分、ADP全米雇用指数が増加したことからショートカバーが付き始め、一気に
109.00を上回りそのまま 109.72まで吹き上がる荒っぽい展開となりました。引けにかけて
109.15まで反落して 109.32でクローズしています。
 
ユーロドルは1.4687安値を午後5時半過ぎに擦った後、ドル円が109.00割れとなった
タイミングで1.4720−25を越えて上昇をはじめ、午後9時には1.4782高値までタッチ。
その後若干小緩んだ1.4750レベルでADP全米雇用指数が発表され ドル買いとなった
事で 今度はロングがポジションを吐き出す展開となって1.4699まで下落。
しかしながら1.46台はビッドがしっかりしており 午後にかけて1.4760近辺まで買い戻しが
入った後、1.4751でクローズしています。
 
ユーロ円は朝方161.58高値から160.81まで反落した後、午後4時にかけて、161.47まで
買戻しが入りましたが、ドル円の下落と歩調をあわせて午後8時ぐらいには160.00も割り込み
安値は159.75までタッチ。しかし160円近辺は非常にビッドが強く 160.50レベルまで
自然にショートカバーが入った後、ADP全米雇用指数でドル買いとなって、ドル円の上昇が
ユーロドルの下落よりも大きかったことから ユーロ円はジリ高となって161円台クォ回復。
更に昼にかけて161.68高値まで上昇しましたが、最後に米株式が軟調に推移し160.01まで
連れて下落後 161.26でクローズしています。
-----------------------------------------------
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
FX−ZERO
手数料完全無料キャンペーン 10月22日〜3月31日まで延長
証拠金1万円〜 × レバレッジ 約250倍 × 信託保全
http://www.fx0.jp/  で、デモトレード口座登録を。本番と同じ環境の
デモを是非お試しくださいませ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<本日の予想>
 
短期(1日程度)売買方針 2008年1月4日
    
通貨ペア 方針 参入レベル 利食い 損切り
ドル円   引きつけて売り  109.35・109.55    108.75・108.55  109.85
ユーロドル 押し目買い     1.4720・1.4695  (1.4770)1.4785  1.4645
ユーロ円  押し目買い     160.45・160.25  (161.35)161.55  159.00
ポンド円  やるなら売りから 216.50-55      (214.85)214.50  217.50
豪ドル円  売り先行        96.35・96.60      95.50・95.30    97.35

 
<本日予想レンジ>
 
 ドル円   108.55(108.75)--(109.40)109.65 作成時 109.10-13 0:17PM
 ユーロドル 1.4695(1.4720)--(1.4765)1.4790 作成時 1.4739-44 0:22PM
 ユーロ円  160.25(160.50)--(161.35)161.60 作成時 160.85-90 0:25PM
 ポンド円  214.00(214.50)-- 216.50(216.85) 作成時 215.25-33 0:41PM
 ポンドドル  (1.9675)1.9700--(1.9830)1.9875 作成時 1.9726-31 0:31PM
 豪ドル円   95.30(95.50)--(96.35)96.70  作成時  95.89-94  0:43PM
 豪ドルドル  (0.8730)0.8750-- 0.8830(0.8860) 作成時 0.8786-91 0:33PM  
  
予想レンジは 括弧が付いていないもの。
括弧が内側に付いた場合は レンジのポイントまで行かずに
そこで止まる可能性がある場合。括弧が外側に付いた場合は 
レンジを抜けた場合の次のサポート、レジスタンスをあらわします。
  
<ドル円> 引きつけて売り
多少の戻りはあるにせよ 109.45−50や109.65は非常に重たく見えています。
108円台を突っ込んでは売る気になりませんが、戻ったところは丁寧に戻り売り
し、108円台後半から108円台ミドル手前で買い戻し。108.25安値割れを利食いで
待つようには考えていません。
                        109.09-12 0:15PM
  
<ユーロドル> 押し目買い
1.4720レベルから下、1.4695にかけて押し目買い先行。
1.47台後半では揉み合いことが予想され 一気には1.48台は難しい。
利食いをこまめに行った方が良さそう。
                        1.4739-44 0:20PM
  
<ユーロ円> 押し目買い 売りは引きつけて
ユーロ円は160円台前半が買い気が強く 押してくるなら待って 押し目買いから。
戻り売りはあまり低い水準で行いたくないので、売るとしたらせめて 161.35レベル、
できれば161.60を待ちたい。
                        160.87-92 0:23PM
  
<ポンド円>やるなら 戻り売り
対ドルは 対円の急落の影響から 上値が重たく、方向は短期は戻り売りッぽいです。
1.98台を待って売り先行。
228.34をつけた12月27日から4営業日で213.54まで14.80の暴落・・・・・・。
この動きでは ロングの投げが相当に入ったはずですが、220円台が本当に重たくなって
しまった印象があります。
目先では217円手前が重たそうで、やるなら216円台の戻り売りから。214.50以下、
214.00にかけては 昨日の安値を待たずに 利食いを優先させるイメージ。
                            215.20-28 0:38PM
(1.9675)1.9700--(1.9830)1.9875 作成時 1.9726-31 0:31PM
  
<豪ドル円> 戻り売り
対ドルは目先の方向感がはっきりせず 揉み合い。
決め打ちするのは ギャンブル。
手出しせず様子見が良いと思いますが、どうしてもやるなら0.8830−35から上を
売りから。
対円は96円55−65から上が重たくなって 戻り売りが強まる展開でしょうか?
96.35からでも売り先行で入り、95.50以下、できれば95.20−30レベルでの利食いを
行ってみたい。
                            95.89-94 0:39PM
(0.8730)0.8750--0.8830(0.8860) 作成時 0.8786-91 0:33PM  
---------------------------------------------
<現状レート>
 
 ドル円                109.10-13
 ユーロドル            1.4742-47
 ユーロ円             160.89-94
 ポンド円              215.22-30
 豪ドル円         95.91-96       コメント作成時 0:44PM
      2008年1月4日
朝刊 移動平均線  一目均衡表  一目均衡表
通貨ペア    9日    21日    90日    200日     時間足 雲           日足 雲
ドル円    112.04  112.30  113.47  117.13   110.00  - 111.04   110.34  - 112.55 
ユーロドル1.4602  1.4557  1.4354  1.3914   1.4657  - 1.4695   1.4450  - 1.4699 
ユーロ円  163.63  163.48  162.85  162.84   161.78  - 163.40   162.30  - 163.19 
ポンド円  222.07  225.02  231.02  236.11   218.07  - 220.64   228.26  - 231.28 
豪ドル円   98.20   97.96   99.74  100.24    97.05  -  97.51    98.42  - 100.39 

               
アクロスFX 株式会社
小林 芳彦 
TEL:03-5484-0854
FAX:03-5484-0606
 
このレポートは情報提供を目的とし、投資の断定的判断を
促すものではありません。お取引における最終的な判断は、
お客様自身で行うようにしてください。この情報により生じる
一切の損害について、当社は責任を負いません。本レポート
中の意見等が今後修正・変更されても、当社はこれを通知する
義務を負いません。著作権はアクロスFX株式会社に帰属し、
無断転載を禁じます。
--------------------------------------------------------------- 
金融商品取引業者                         
アクロスFX株式会社                                   
登録番号 関東財務局長(金商)第238号
(社)金融先物取引業協会 会員番号1503 
 
外国為替証拠金取引を始めるにあたっては、契約締結前交付書面などの書面の
内容を十分にお読み頂き 各リスクを十分にご理解いただいた上でお取引ください。
外国為替証拠金取引は相対取り引きであるため、取引所取引とは異なり当社が
お客様の取引の相手方となります。
 
外国為替証拠金取引は元本や収益が保証されているものではなく為替レート・
スワップポイント(金利差調整分)などの変動により損失が生ずる恐れがあり、
相場の急激な変動があった場合には元本損失・元本超過損が生ずる恐れもございます。
 
当社が提示する売りつけの価格と買い付けの価格とには差(スプレッド)が
あります。外国為替証拠金取引はレバレッジ効果により、実際の取引金額に比べ、
少額な証拠金で多額の取引を行うことが出来るため、大きな利益を期待できる半面、
為替レートの変動で多額の損失が生じる場合があります。
 
当社のレバレッジは 最大で約250倍程度となっており、証拠金は1取引通貨単位
で最少は1万円です。手数料はネット経由の場合には 上限は片道500円
(1取引通貨単位あたり)で、電話経由の場合には 上限は2000円(1取引通貨単位
あたり)となっています。詳しくは取引説明書をご覧ください。
  

 


================================================================
本レポートは断定的な判断を提供するものではありません。
売買のご判断はご自身で行って下さい。
================================================================

| http://www.wakaru-fx.jp/zubari/2008/01/14-1.html| コメント (0) | | トラックバック (0)


トラックバック&コメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wakaru-fx.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4376

コメントを投稿

  • わかるFX(外国為替証拠金取引)
  • 3ステップでマスター
  • 為替レート/チャート
  • 経済指数
  • FX比較
  • マーケットニュース
  • サイトマップ
2009年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲載外国為替取引会社

おすすめサイト